鉱山を使用した俳句

鉱山に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鉱山を含む俳句例

鉱山の跡分校の跡山桜/猿渡青雨

鉱山に生れし誇り鏡餅/深見けん二

鉱山に朝市が立ち春大根/大熊太朗

暑き日の鉱山見ゆる不浄門/飯田蛇笏

生理説く鉱山の中学軽雷す/宮武寒々

葵咲く鉱山の理髪師嫁迎ふ/宮武寒々

鉱山の村噴井に障子洗ふなど/瀧春一

野葡萄負へり鉱山の匂の男たち/林翔

鉱山町や障子を洗ふ一ト流/清原枴童

鉱山街寂びて秋晴の墓あらは/瀧春一

しばたいてゐる鉱山の踊の子/萩原麦草

月赫き崩崖鉱山ぞひの盆の月/石原八束

鉱山の姿とみれば寒さかな/大場白水郎

鉱山の町や舟著く冬の川/長谷川零餘子

鉱山の神露けき鉱石に注連新し/瀧春一

鉱山慣れて手拭首に涼みけり/清原枴童

鉱山煙日々おだやかに草の花/清原枴童

あそびめに塞かる鉱山や天の川/宮武寒々

春潮の荒らぶ鉱山町けぶるなり/石原八束

秋祭り終はれば鉱山を離れんか/原田耕二

俳句例:21句目~

花木槿鉱山は廃れて雨に冷ゆ/塩田藪柑子

鉱山のエレベーターに見ゆる滝/西本一都

鉱山出来て刈田の日々の洟垂児/清原枴童

向日葵に鉱山びとの着る派手浴衣/飯田蛇笏

時の日の鉱山霽れ酒保に煙草着く/宮武寒々

松蝉や鉱山のさびれの目に立ちて/伊藤碧水

鉱山に逢うて盛夏帽裏の刺を通ず/飯田蛇笏

鉱山人のうまし女連れぬ寄席の秋/宮武寒々

鉱山暮るゝことの早くて霙れけり/岸風三楼

ラムネ吸ふ鉱山の肌見て来し街にて/北野民夫

廃れ鉱山雪にたれかれありて住む/文挟夫佐恵

春暁のコーランに覚め鉱山の街/坊城としあつ

鉱山の五月のさくら小さく咲く/阿部みどり女

タイトルとURLをコピーしました