浮世絵を使用した俳句

浮世絵に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

浮世絵を含む俳句例

浮世絵の女房顔に更衣/京極杞陽

浮世絵の女は長き髪洗ふ/松尾静子

浮世絵の女虫売軽げの荷/後藤夜半

浮世絵の絹地ぬけくる朧月/泉鏡花

浮世絵の浪と立浪草の浪/後藤比奈夫

山眠る浮世絵いろの夕焼に/朝倉和江

春の夜や浮世絵の虚と実の間/杉良介

松過ぎの浮世絵展が賑ひぬ/川崎展宏

浮世絵の色に仕上がり寒茜/斎田鳳子

浮世絵の肌透きとおる寒卵/愛甲敬子

浮世絵の女肌脱ぐ寝所かな/瀧澤伊代次

浮世絵を出よ冷し酒注ぎに来よ/小澤實

蛇穴を出づ浮世絵の摺り手順/田口風子

戸袋に褪せし浮世絵鳥渡る/北見さとる

浮世絵に蝿とまりゐる川料理/鈴木鷹夫

浮世絵の女と遊ぶ子の日草/松田ひろむ

浮世絵の女の絵馬や生姜市/加藤三七子

浮世絵の女ビードロ吹く賀状/戸倉完二

浮世絵の女涼しくふり向ける/西村和子

浮世絵のくろき漢の寝釈迦かな/後藤夜半

俳句例:21句目~

浮世絵に年酒の酔の発しけり/河野多希女

洛中やふぐり落としの浮世絵師/永島転石

浮世絵の一色とんで花菖蒲/小松原みや子

豊国忌浮世絵の世ぞなつかしき/山岸静子

革ジャンの裏は浮世絵パリ空港/中野英歩

はくれんが散り浮世絵に長煙管/梶山千鶴子

ぽつぺんを吹いて浮世絵いろの空/中尾杏子

ぽつぺんを吹けば浮世絵時代見え/猿田咲子

浮世絵のやうな九月の南部富士/沼宮内凌子

浮世絵の花火とおもひくらべをり/京極杞陽

浮世絵の世へいざなへる御輿かな/小宮久実

浮世絵を抜けてうつつや暮春の鹿/橋石和栲

浮世絵にゆきといふ字の霏々とあり/後藤比奈夫

タイトルとURLをコピーしました