軒下を使用した俳句

軒下に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

軒下を含む俳句例

軒下の拵へ滝や心太/一茶

檐下や金の池の薄氷/正岡子規

軒下に端折る裳花の雨/野村泊月

軒下の土の乾きや寒雀/高濱年尾

軒下に吊るす薬草原爆忌/直田豊人

蓄へは軒下にある炭二俵/高浜虚子

軒下の菊の盛りの衰へず/高濱年尾

軒下に濃きすみれある深睡/黒田杏子

軒下に吊すあれこれ冬用意/岩田岩夫

土用芽の吹く盆栽を軒下に/川崎栗堂

子育ての終へし軒下鳳仙花/林原節子

木耳や果して庫裡の軒下に/山川喜八

軒下に包丁研げり夏の海/小枝秀穂女

軒下に二百十日の捨て寝椅子/辻桃子

薪積めば軒下もなし冬構/沢田はぎ女

軒下といふ冬を待つところかな/黛執

軒下にかたむき停り登山バス/森田峠

軒下に釣竿伏せぬ天の川/金尾梅の門

軒下の天水くらし日の盛/細木芒角星

軒下の日に咲きにけり寒葵/村上鬼城

俳句例:21句目~

犬が来る冬夕の軒下ふかく/中塚一碧樓

軒下に雪軽く狂ふしばしかな/高濱年尾

軒下に麦刈り日立市民たり/小松崎爽青

菖蒲葺く軒下を馬曳かれけり/河野照子

軒下にまでも夜鴨のくる話/石井とし夫

軒下に刈麦積みて梅雨に入る/田中冬二

唐茄子の苗四五植うる狭簷下/石塚友二

軒下の破れ櫃に散る柘榴かな/高浜虚子

軒下に見て居る雨の田植かな/野村泊月

軒下にどくだみ干して母老いぬ/田岡貞枝

椋鳥の吹きこぼれては軒下に/増田手古奈

吾子のもの干す軒下に湖は凍て/木村蕪城

軒下に何もかも吊る冬日かな/岩淵喜代子

雪とくる軒下の闇ふかくして/川島彷徨子

軒下に繋げる馬の片かげり/高浜虚子「虚子全集」

タイトルとURLをコピーしました