舟路/船路を使用した俳句

舟路/船路に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

舟路/船路を含む俳句例

舟路ゆく鳥威はた貂威/不破幸夫

五月雨や船路に近き遊女町/几董

雪竿や船路に倦みし佐渡が島/東几

貫之の船路よぎりぬ秋の潮/志城柏

萍の中の舟路岐れをり/五十嵐播水

舟路行年木や付る土左日記/井原西鶴

短夜の船路なりしよ香港よ/京極杞陽

短夜の朝日を拝む船路かな/正岡子規

澎湃と秋水は満つ舟路行る/石塚友二

黄葉の山を左手の船路かな/清原枴童

石山にとりし舟路や月今宵/山田弘子

恋々として柳遠のく舟路哉/高井几董

蓮如忌や舟路陸路の賑はひて/小松月尚

淡海へとつづく舟路や葦の花/関口玉枝

赤がちに伊勢の船路の初荷かな/下田稔

雲の峰立ち塞がりし船路かな/栗田虚船

蚊のありつなかりつ月の船路哉/炭太祇

のり浮む妙の一葉の舟路かな/井原西鶴

はつ雁も春の覚えの舟路かな/黒柳召波

初伊勢や船路船人瀬戸に乗る/宮内一珍

俳句例:21句目~

双六の関所越せねば船路かな/六本和子

唐黍の影を横たふ舟路かな/水原秋櫻子

天皇の御船路なる後の月/長谷川かな女

伊勢へ向く船路やすけし夏霞/綾部仁喜

秋潮の荒るゝは常と聞く船路/稲畑汀子

菜の花のなかに近江は舟路あり/吾亦紅

えり沿ひに舟路色さす蘆の角/米澤吾亦紅

うららかに鱸のをどる舟路かな/筑紫磐井

精霊舟草にかくるゝ舟路あり/米澤吾亦紅

結びある真菰のありて舟路かな/加藤霞村

星とんで隠岐の舟路の早も秋/鈴鹿野風呂

牡蠣筏船路をしめす燈を掲ぐ/米澤吾亦紅

さみだれや船路にちかき遊女町/高井几董

まひ~や手洗ふ石も舟路なる/米沢吾亦紅

それぞれの春田へ舟路岐れける/水谷晴光

鴨群るゝ中を舟路のある如し/鈴鹿野風呂

えり多き舟路となりぬ鷭もとび/加藤かけい

あぢさゐのふるる舟路のまた曲る/小島昌勝

この船のながき船路の籐寝椅子/山口波津女

船路さて行けとも行けとも雲の峯/正岡子規

俳句例:41句目~

蘆の穂を分けて舟路の始まりし/石川多歌司

浦ごとに神輿の荒るゝ船路かな/佐野まもる

母子草利根の船路はすたりける/水原秋桜子

島と島つなぐ船路や芙美子の忌/中島たけ子

余花と思ふ舟路の空をわたり来る/米沢吾亦紅

犬吠にかかる船路や夜の長き/吉武月二郎句集

海苔粗朶の舟路をゆきしけふも暮る/山口波津女

タイトルとURLをコピーしました