ノートを使用した俳句

ノートに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ノートを含む俳句例

水槽にノート押しつけ夏休/林薫

束で買ふ大学ノート初桜/丸谷三砂

丸善にノートを買つて鰯雲/依光陽子

雁行やノートを破り伝言す/対馬康子

定型詩ばかりのノート憂国忌/皆吉司

帖面に祝いの色の池を書く/阿部完市

押花の紅染むノート谷崎忌/熊谷恵子

ノートとる月の野山の学生達/阿部完市

案頭の句作ノートや夜長の灯/島田青峰

沖を鷹ノート細字を以て埋む/中島斌雄

空白のノートの上の大暑かな/三橋邦子

かじかめる子も一斉にノートとり/森田峠

櫛一片夏行ノートに挟み持つ/赤松けい子

壺焼やノートをめくる海の風/五十嵐みち

葱ノート括るや学生妻とことこ/加藤楸邨

青鷺来て僕のノートに劇生れる/斎藤一湖

をみなへしノート二冊の若き日よ/山田國子

デッサンの蟻百態のノートあり/深見けん二

ノートに触れ冬の犬の尾固かりき/金子兜太

古ノートめくれ焼けゆく年の火に/伊藤翆壷

俳句例:21句目~

滲みたるノートの一字アイスティ/大橋淑子

若芝にノートを置けばひるがへる/加藤楸邨

袋からノート鉛筆ねこじやらし/岩淵喜代子

帰燕どき菓子袋よりノート出て/猪俣千代子

風光るやひろげしノート眩しくて/武田知子

ノートするは支那興亡史はるの雷/鈴木しづ子

水色のノートめくればてんと虫だまし/穴井太

まつさらなノートいろいろアネモネ語/永末恵子

ノートすべてに三角を書く/標的の象/星永文夫

ノート焚き時雨忌の空けがしたり/鍵和田ゆう子

恥ずかしそうなノート置かれて受難節/本田ひとみ

<少年>の声によばれてめくりゆく古きノートのなかの夕焼け/三枝浩樹

タイトルとURLをコピーしました