馬刺を使用した俳句

馬刺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

馬刺を含む俳句例

如月の闇荒びたる馬刺かな/斎藤梅子

馬刺しを喰ふ山国の朝曇り/吉田鴻司

高遠や馬刺商ふ花見茶屋/今越みち子

馬刺を食へばかげろふ信濃かな/小島健

馬刺食ひ夜の風花を連れ歩く/奈良文夫

馬刺食ふ木曾の真闇や秋近し/有馬朗人

しろしろと馬刺啖うて年の内/諸角せつ子

生姜もてころす馬刺や夕しぐれ/中尾杏子

肥の国の馬刺に暑気を払ひけり/松永青山

馬刺するりと春はおんなの喉仏/藤岡筑邨

一陽来復信濃に馬刺食うべかり/北見さとる

馬刺うまか肥後焼酎の冷やうまか/鷹羽狩行

馬刺は冷たき食いもの漆黒の活火山/野田信章

馬刺喰ひえびずるの実にささやかる/宮坂静生

馬刺とろりみんなの眼玉枯れのいろ/諸角せつ子

ひんやりと馬刺や伊那の夏はじめ/安藤衛門「田神」

タイトルとURLをコピーしました