野辺送りを使用した俳句

野辺送りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

野辺送りを含む俳句例

稲妻や提灯多き野辺送/正岡子規

枯桑の瓔珞散らす野辺送/松藤夏山

人幅に汚るる雪や野辺送り/橋本榮治

初旅は野辺の送りや舞子浜/門脇山卯

性善説信ず四日の野辺送り/今井君江

縮んだり伸びたり春の野辺送り/黛執

大寒の富士にぶつかる野辺送り/岸田稚

朱の一つ殿りにつく野辺送り/森澤義生

白鷺や蒼を切り裂く野辺送り/角川春樹

野辺送る鉦や氷雨の畦とほる/小林泰子

雪踏を先にたてたる野辺送り/田村杉雨

かゝる夜の月も見にけり野辺送/向井去来

のどかさや哀れ少なき野辺送り/正岡子規

ふるさとの稲田は低し野辺送り/広瀬みわ

三日はや野辺の送りに肩濡らす/大梶啓子

人徳のひばり上がりぬ野辺送り/椎橋清翠

耳につく童女の鈴の野辺送り/林田紀音夫

遠雪嶺うすむらさきの野辺送り/渡辺礼子

野辺送り蜻蛉空にしたがへり/五十嵐播水

野辺送り転びて凍てに跪拝めく/田中英子

俳句例:21句目~

鰍干され今年何度の野辺送り/木田柊三郎

つるぎなす雪嶺北に野辺おくり/飯田蛇笏

極月や妻にかはらす野辺おくり/森川暁水

窖ちかく雪虫まふや野辺おくり/飯田蛇笏

こがらしに私語幾人の野辺送り/林田紀音夫

みづうみはひるも露けし野辺送り/関戸靖子

誰も言はぬ塩田の夕焼野辺送り/佐野まもる

野辺送りきのふもけふも冴え返る/正岡子規

わびしさに沖の鵜を指し野辺送り/佐野まもる

四五人の稲架に触れゆく野辺送り/殿村莵絲子

野辺送りひとりふたりは風のひと/林田紀音夫

青卒都婆手にし花茶の野辺送り/長谷川かな女

野辺送りまさしう野辺を北風に吹かれ/奈良文夫

タイトルとURLをコピーしました