洗い晒しを使用した俳句

洗い晒しに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

洗い晒しを含む俳句例

木枯や洗ひ晒しの街に星/志摩知子

蛙鳴く洗いざらいの紺木綿/穴井太

冬芒洗ひざらしの軽さして/右城暮石

新緑を洗い晒して雨あがる/丸山實子

更衣と云へども洗ひ晒かな/飛川/航

枯野から洗ひざらしの男来る/森酒郎

氷屋の洗ひ晒しの旗を垂れ/西村和子

真菰風洗ひざらしの雲の色/石平周蛙

肌洗ひ晒しに草津の湯三昧/高澤良一

鞦韆や洗ひざらしの子を抛る/太田亮

黄葉見に洗ひ晒しの一枚着/高澤良一

夏服の首まで洗ひざらしなる/伊東達夫

木の葉髪一身洗ひざらしなり/井沢正江

甚平着て齢も洗ひざらしかな/小山梧雨

関所越ゆ洗ひざらしの髪束ね/川島千枝

太箸を洗ひざらしてつかひけり/橋本鶏二

小鳥来る洗ひ晒しの木綿シャツ/杉田和男

曼珠沙華洗ひざらしの空にして/石田勝彦

種茄子を洗ひざらしの雨降れり/草間時彦

葱噛んで洗ひざらしの女かな/小島千架子

俳句例:21句目~

赤とんぼ洗ひざらしの靴二足/山内てるこ

青潮ようたたねの妻洗いざらす/伊藤淳子

颱風や洗ひざらせる火夫の服/榎本冬一郎

ひしこ干す洗いざらしの空の色/木倉フミヱ

しろじろと洗ひざらしぬ夏の足袋/西島麦南

山茶花や洗ひざらしの顔ばかり/香川ふじえ

或るときは洗ひざらしの蝶が飛ぶ/阿部青鞋

種採るや洗ひざらしのものを着て/波多野爽波

タイトルとURLをコピーしました