孤島を使用した俳句

孤島に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

孤島を含む俳句例

殉教の孤島夜目にも紅桜/原裕

孤島にて不眠の鴉白くなる/高柳重信

雪山の風樹孤島の濤と聴き/福田蓼汀

孤島明けて新任教師と来る/坪内稔典

校庭の孤島蘇鉄に花咲くも/二村典子

孤島なる玉石甌穴の空に鷹/石原八束

青なつめ母の孤島に降る落日/下向良子

ひつそりと八丈孤島師走かな/新/文子

長い雨季青年だれも孤島もつ/酒井弘司

蟇鳴いて孤島のやうな大藁屋/成田千空

全員に傘ゆきわたる孤島かな/永末恵子

絶海の孤島に浮力つばめ来る/桑原三郎

白南風や指呼の孤島も流人島/池上樵人

青芝の母の孤島へ這ひ着ける/野中亮介

冬耕の墓を孤島にしてしまふ/天野みゆき

孤島にて浪の呪ひの孤閨の公主/高柳重信

守宮鳴く孤島の闇を深めつつ/木下ふみ子

旅の孤島に撃たれた鴨のごと眠る/浜芳女

果樹園がシャツ一枚の俺の孤島/金子兜太

短夜や地図には小さき血の孤島/渡邊水巴

俳句例:21句目~

したたりの孤島を舟は離れゆく/佐川広治

鷹舞って下に孤島となりし村/野末たく二

咲き燃えて灰の渦輪の孤島の薔薇/高柳重信

来て見れば孤島春待つ入らあり/金箱戈止夫

むらさきに白夜の孤島火を焚けり/石原八束

かすみ網孤島きらきらきらきらす/永末恵子

風すさぶ夜は孤島と目を醒むる/富澤赤黄男

刈りのこる麦は孤島に似てさびし/福田甲子雄

カーマスートラ探す孤島の貝殻山/八木三日女

まくなぎのぱちぱちあたる孤島かな/永末恵子

屋上去る孤島を日永にのこすごとく/宮津昭彦

四月の火をともして透かす孤島の海苔/伊丹公子

夏潮にふぐりを摶たす孤島かな/秋元不死男「万座」

タイトルとURLをコピーしました