居待の月を使用した俳句

居待の月に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

居待の月を含む俳句例

居待月起きて守らん枕挽/智月

小説の男とあそぶ居待月/井上雪

脇息のありて即ち居待月/京極杞陽

居待月臥待月も妻亡き世/成瀬正俊

鉄瓶の錆落しをり居待月/石川桂郎

酒やめて友すじ変る居待月/本多静江

宿の子や居待の月に子守唄/木村蕪城

居待月彼女遅れし事は常/稲畑廣太郎

居待月正座久しく忘れゐし/福永耕二

居待月芙蓉はすでに眠りけり/安住敦

居待月黒き筏の行き来かな/二村典子

筆立の中の耳掻き居待月/鈴木真砂女

妻も酒少したしなみ居待月/川田長邦

素十忌の近づく庵の居待月/石川梨代

蒟蒻に箸がよくゆく居待月/加藤燕雨

ふたり子の炊煮こもごも居待月/立澤清

傘少し濡れて戻りぬ居待月/酒井みゆき

少女らの居ずまひただし居待月/滝春一

残り餌を犬の食べ出す居待月/塩川祐子

泣き砂を泣かせて浜の居待月/不破幸夫

俳句例:21句目~

居待月泉かがやきそめにけり/山田梵雨

繭倉のうしろの山の居待月/町田しげき

草の香の湿りほどよき居待月/植田桂子

つゆくらく満ちて尾上の居待月/松村蒼石

オカリナの音に耳貸して居待月/塩田晴江

宿の帯二た重に足らず居待月/米澤吾亦紅

居待月しとねをうつす程もなく/中村三山

田の面に靄しづめたる居待月/阿部ひろし

帯ゆるく締めて故郷の居待月/鈴木真砂女

遠くより癒えよの便り居待月/小林紀代子

椅子となる石は占められ居待月/朝倉和江

養命酒ちびちび舐めて居待月/阿波野青畝

やゝ小さき居待の月となりて出づ/佐藤一村

居待月更けて華やぐシャンゼリゼ/関森勝夫

居待月はなやぎもなく待ちにけり/石田波郷

来るなとは来よといふこと居待月/小坂田規子

こほろぎやくもりわたれる居待月/五十崎古郷句集

タイトルとURLをコピーしました