鐘音を使用した俳句

鐘音に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鐘音を含む俳句例

替る世や薺にあらて鐘の音/乙由

炎天に響く鐘音寒山寺/川名澄子

鐘の音物にまぎれぬ秋の暮/杉風

枯蔓の先の先まで鐘の音/石田勝彦

冬枯の鞄をおろす鐘の下/古舘曹人

鐘の音の輪をなして来る夜長哉/子規

鐘の音をとどめて信濃年を閉づ/静塔

鐘の音を彼岸へ運ぶ風の船/内田正美

鐘楼にもどる鐘の音豊の秋/柳澤和子

鐘の音に狐の尻尾膨らみぬ/宮/沢子

鐘の音の島にもどりぬ春霞/古舘曹人

鐘の音の耳敏くなる放哉忌/老川敏彦

はん鐘の音する夜の寒さかな/正岡子規

耶蘇村の春めくものに鐘の音/荒木英雄

英彦谷に沈む鐘の音岩清水/野見山智子

鐘の音に蟻地獄いま夕地獄/赤松けい子

鐘の音を追ふ鐘の音よ春の昼/木下夕爾

菩提樹の花蕊にこもる鐘の音/志賀暁村

鐘の音の漂ひゐたる枯野かな/澤村昭代

ニコライの鐘の音とどく年忘/金原とし子

俳句例:21句目~

信貴山の鐘の音花の谷間より/藤野チズ子

当麻寺の鐘の音ひびく春田打/藤武由美子

時の日のいつも通りに鐘の音/太田ぎかん

鐘の音に高野の霧の動きけり/赤井よしを

鐘の音に目覚めし春の障子かな/鈴木鷹夫

鐘の音偲びて柿を食ひにけり/相生垣瓜人

さびしさや撞けばのどかな鐘の音/矢島渚男

撞くごとに違ふ鐘の音山眠る/鍵和田ゆう子

聞かぬ日もありて鐘の音霞みけり/鈴木花蓑

鐘の音の過去へ過去へと雪に消ゆ/本岡歌子

開かぬ日もありて鐘の音霞みけり/鈴木花蓑

悪恩寺の鐘の音沁みるさくらんぼ/吉田飛龍子

鐘の音もうらゝかに市の地割かな/大谷碧雲居

鐘の音のとどのつまりの寒さかな/山田真砂年

タイトルとURLをコピーしました