梵字を使用した俳句

梵字に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

梵字を含む俳句例

宝扇の真言梵字梵網会/橋本鶏二

高野山祭提灯にも梵字/稲垣芳子

仏恩の梵字賜はり大根焚/佃/郁子

冴返る梵字一字の崩れ仏/小林勇一

梵字書く鳥の足あと冬渚/渡辺恭子

秋風や梵字を刻す五輪塔/夏目漱石

結界に泳ぐ孑孑梵字なす/品川鈴子

金水引終の町石梵字跳ね/田中水桜

新年ノ鏡ニ梵字ノ雨ガ降ル/夏石番矢

凍鶴の梵字の如くたてるかな/龍岡晋

収筆に露の涼しき梵字石/中戸川朝人

墓涼し五輪の梵字読めずとも/上村占

梵字川石まろやかに竹の秋/相蘇好子

夏闇に梵字ただよふ風葬趾/丸山哲郎

梵字みな飛天のごとし初嵐/秋山朔太郎

かの世への梵字の手紙雁渡る/坂本宮尾

供養碑の梵字つやめく杏花雨/湯浅晴見

曼珠沙華流せば水に梵字書く/三好潤子

揺るゝ燈に梵字の女体五月闇/宮武寒々

梵字川虹の残り根ゆらぎ立ち/岡田日郎

俳句例:21句目~

秋寂や享けし朱印に泛く梵字/須加金男

秋雲と墓の梵字と風のすぢ/岩淵喜代子

空蝉の背に刻めるは梵字とも/高澤良一

雪虫や梵字ぎくりととどまれる/松澤昭

風蘭の花が梵字を覚えたる/後藤比奈夫

枯れざまの梵字でもなし玄圃梨/今井妙子

いもり棲む女人高野の梵字池/内出ときを

梵字めく斑のあり黄なる盆の月/福田蓼汀

さいかちのあまたの莢の梵字めく/太田嗟

吹きあげて梵字たちまち花の色/白澤良子

梵字板しづかに灼くる蓮華峰寺/仲川康子

沙羅落花大地に梵字こぼすかな/大橋敦子

燈照らして梵字曼陀羅冷やけき/臼田亞浪

梵字かく聖護院大根山積みに/松本みず代

墓餘寒一字梵字を彫りしのみ/久保田万太郎

タイトルとURLをコピーしました