工房を使用した俳句

工房に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

工房を含む俳句例

風車工房風の集まり来/田中芳子

北山杉磨く工房風光る/小川晴子

工房の蛸足配線走り梅雨/奥村安代

藍匂ふ村の工房水引草/小泉志げ子

工房に漆の匂ふ薄暑かな/来栖幹雄

山眠るガラス工房懐に/北原富美子

箔を打つ工房裏や秋海棠/慶伊邦子

地下鉄は詩作工房年惜しむ/皆吉司

あはき灯の紙漉工房秋時雨/緑川啓子

工房の仏師に二度の夜食かな/林裕子

工房の土の乾きし残暑かな/屋舗信子

工房の独りの吾に秋の声/池上不二子

工房や木曾の鳥来る梅擬/肥田埜勝美

扇司の遅日工房かなめ打つ/桂樟蹊子

奥飛騨の一工房の円座かな/池上秀子

安曇野のガラス工房北塞ぐ/米澤慶子

玲瓏とチーズ工房白雨来る/千田稲人

ギター工房時に羚羊覗く窓/能谷みつ子

刺繍工房出るや蘇州の桐の花/奈良文夫

工房にこけし千体春を待つ/若生彦太郎

俳句例:21句目~

工房の木偶おろおろと花の塵/古舘曹人

工房の木椅子いろいろ鶲来る/東峰芳子

燕来と工房の玻璃みな澄みぬ/下村槐太

工房の夕べ早めし初しぐれ/梶尾かをる

工房に盛られし陶土年明くる/島美代子

素姓よき苧殻立掛け麻工房/浅野アツ子

工房に目覚むる水晶桃の花/磯貝碧蹄館

こけし屑焚き工房の炉を開く/元吉竹瓶子

ぽんぽんダリヤ絃工房は土の蔵/吉田朱鷺

山粧ふパン工房四方ガラス張/高橋美智子

独楽工房木の香のたちて涼新た/新井悠二

花冷えの工房少し火を足せり/黒澤亜季夫

鍛冶工房の魔法の火に寄り幼年期/伊丹公子

墨工房寒気はなれぬ煤天井/谿昭哉/『航跡』

工房に梅雨を清楚にこもりゐる/阿部みどり女

タイトルとURLをコピーしました