霧の夜を使用した俳句

霧の夜に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

霧の夜を含む俳句例

霧の夜の水葬礼や舷かしぐ/白泉

霧の夜や皺生れ来る温め乳/都筑智子

霧の夜の白樺泛ぶ星まつり/太田蓁樹

幽明へ落葉ぞひびく霧の夜は/佐野良太

霧の夜のわが身に近く馬歩む/金子兜太

霧の夜の汽笛は昔めきにけり/岸風三楼

霧の夜の湯町の上湯下湯かな/高澤良一

霧の夜の湯舟に神と二人きり/今瀬剛一

霧の夜の酒にかはらむ銀貨愛し/瀧春一

霧の夜の靴音果して夫なりし/西村和子

霧の夜は門に山嶽ねしづみて/飯田蛇笏

霧の夜を古代へ誘ふ自在鈎/小泉八重子

煙草の火チカリと霧の夜の女/成瀬正とし

霧の夜の泊り水晶の谷とほし/石橋辰之助

霧の夜の荒濤こふる蘇鉄の実/福田甲子雄

霧の夜の魑魅に水車の足払ひ/文挟夫佐恵

霧の夜は山が隣家のごとくあり/飯田龍太

霧の夜は楡のこずゑの夜鳴鳥/稲垣きくの

霧の夜は誰もだまつて帰るなり/菖蒲あや

霧の夜へ一顔あげて血喀くなり/寺田京子

俳句例:21句目~

霧の夜やひかる生うに黙し食ふ/小池文子

めぐり逢ひとはこのやうな霧の夜/今村青魚

霧の夜のランプ楽しくねまるなり/内藤吐天

霧の夜の林檎を病母に購ひにけり/伊東宏晃

霧の夜の火を吹きそだて杉の宿/鷲谷七菜子

霧の夜は女すだまに魅入られぬ/稲垣きくの

霧の夜を身細うあれば寄る吾子よ/林原耒井

霧の夜のひとつ灯さげて牧舎出づ/石橋辰之助

冬霧の夜のなげきとはなりにけり/久保田万太郎

霧の夜遠くまで雑誌買ひに二人で出る/大橋裸木

コーヒー代もなくなつた霧の夜である/下山英太郎

霧の夜のさよなら彼に闘志もどれ/赤城さかえ句集

霧の夜の茶碗におつる小虫かな/『定本石橋秀野句文集』

タイトルとURLをコピーしました