原稿用紙を使用した俳句

原稿用紙に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

原稿用紙を含む俳句例

六月の雨の原稿用紙かな/皆吉司

鴎見て原稿書いて置炬燵/鈴木鷹夫

元旦の一字も置かぬ原稿紙/神蔵器

鰯雲原稿用紙埋めしごと/山田弘子

原稿の余白数行朝の蝉/藤田あけ烏

原稿の枡目と庭の朝顔棚/高澤良一

原稿紙ペンの遅速に遠蛙/吉屋信子

原稿紙冬夜踏切は明るすぎ/中拓夫

原稿も夢も累々たる九月/折井紀衣

原稿紙白し蝉声波紋なす/野澤節子

浄書して原稿渡す百間忌/森田公司

原稿紙の枡目二百に夜の秋/河合澄子

原稿紙机上に白く夏至る/山口波津女

原稿紙蜘蛛の透明な粒這えり/三谷昭

鵙もいて雀のこえの原稿紙/和知喜八

原稿に降りし羽蟻に迫る指/高澤良一

原稿をせかされ天皇誕生日/夏石番矢

放屁虫原稿や桝はみいだす/石川桂郎

秋の暮原稿用紙切らしけり/石川桂郎

ペンうれしペン始め黄の原稿紙/不死男

俳句例:21句目~

妻も使ふ原稿用紙どこも秋/加倉井秋を

春昼を遅々と字を生む原稿紙/吉屋信子

水かぶりては原稿に対ひけり/長谷川櫂

原稿の一枡一枡/つづれさせ/桑田和子

原稿用紙の線の交はり燕来る/濱田のぶ子

原稿紙とまりし蠅は打たで置く/吉屋信子

新樹照るや罫こま~と原稿紙/大谷碧雲居

書きかけて去年今年なき原稿紙/吉屋信子

書初めといふもあはれや原稿紙/吉屋信子

熟れて落つ春日や稼ぐ原稿紙/秋元不死男

原稿は手で書くゆふべ水打つて/黒田杏子

書きかけの原稿置きて去年今年/吉屋信子

原稿はまだかまだかと笹鳴くや/芥川龍之介

馬駆ける寒気ひろげて無垢の原稿紙/寺田京子

羽子を買はんと師走原稿書くなりし/長谷川かな女

タイトルとURLをコピーしました