五十路を使用した俳句

五十路に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

五十路を含む俳句例

梅の闇五十路無臭のわれが行く/林翔

花氷五十路半ばはまだ惑ふ/松本竜庵

花いかだ踵返して五十路越/木下愛華

母の瞳の中なる五十路衣更/野澤節子

裸木の影の確かさ我が五十路/川合憲子

太陽につるむ蜥蜴や五十路来る/橋本榮治

なほ映えてわが雛五十路こえ給ふ/及川貞

日記買ふ五十路の未来信じ度く/山田弘子

杜鵑草黙し立てずに五十路過ぐ/安井信朗

秋扇に恋知らず来て五十路なり/森川暁水

胸突き道五十路の重さ霧の中/加藤知世子

冬の鵙五十路はものゝ遽なり/米沢吾亦紅

初写真五十路となりし三姉妹/島津きぬ代

労働祭五十路の歌は口あけず/米沢吾亦紅

みづからの五十路は若し春林檎/赤松ケイ子

五十路とはりんごの錆の如きかな/鈴木貴水

五十路なほ嫁と呼ばれて磯菜摘む/川村紫陽

式部の実色づく五十路はた深み/諸角せつ子

月給袋五十路の汗に濡らしけり/猿橋統流子

秋燈や読まねば五十路肥り呆け/加藤知世子

俳句例:21句目~

正直に生きて五十路や茄子の花/高岡/千歌

座禅後の五十路や凛と落葉踏む/加藤知世子

茎石の角なめらかに五十路われ/石田あき子

野火ひとつ見えて五十路の誕生日/堀口星眠

雪月夜歩きてつくる五十路の顔/加藤知世子

風邪よせぬ念力ありてわが五十路/亀井糸游

五十路なり心足るまで鳩を見て/鍵和田ゆう子

年のころ五十路あまりの鵜匠かな/高橋淡路女

葱汁うまし逸話も持たで五十路過ぐ/北野民夫

五十雀ほいほい五十路過ぎんとす/市村究一郎

逃げ水の逃ぐるを追ひてわが五十路/鷹羽狩行

雪卸し雪ふりかぶるとき五十路/赤城さかえ句集

うかうかと五十路となりぬ菜虫取る/長谷川/より子

タイトルとURLをコピーしました