水泡/水沫/みなわを使用した俳句

水泡/水沫/みなわに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水泡/水沫/みなわを含む俳句例

あけぼのや陸の水泡の白椿/林翔

巨濤砕けて残る水泡や初嵐/石鼎

葛咲けど水泡澱める神田川/秋櫻子

行春の鳥の啄む水泡かな/石井露月

藻の花よ生れし水泡を慈しめ/林翔

夏山や来し方曲る青水沫/下村槐太

水泡の相依れば消ゆ蓮の花/村上鬼城

水泡は金の吐息ティタイム/本田攝子

水泡より美しき旅了りしや/火渡周平

鮒のぼる水泡のうごく氷の面/中拓夫

河骨の花に水泡の上りたり/高浜虚子

春近し水沫光りて初瀬川/河合佳代子

昼顔や道に水泡の流れそむ/松藤夏山

蜻蛉や水泡からみつく澪標/島田青峰

にごり江を鎖す水泡や雲の峰/芝不器男

河童屁の水泡浮ぶや夏柳/安斎桜カイ子

水泡眼ゆらゆら甍反る国の/伊丹三樹彦

熱帯春は水泡ものぼりつぐ/水原秋桜子

純白の水泡を潜きとはに陥つ/三橋敏雄

水泡にうつりて曲る天つ空/宇多喜代子

俳句例:21句目~

はんざきの笑うてゐたる水泡かな/石嶌岳

薄氷をくぐる水泡は白鳥より/平井さち子

水泡より小さく萍生ひ初めし/片山由美子

池湧くや水泡しみみに蘆芽ぐむ/富田木歩

露次の溝しらげ水泡の生める蠅/石塚友二

とかげ迅し水泡音胸にはじけつつ/日野草城

今朝海猫となる陸前の水泡かな/高野ムツオ

春泥のそこにも瓦斯の水泡かな/大場白水郎

木の実ばら~池に生みたつ水泡哉/西山泊雲

火うつせば水泡火となる春の水/大場白水郎

水泡をいだいて蟹はかなしめり/富澤赤黄男

蘆の芽にかゝりて消ゆる水泡かな/村上鬼城

水泡大いなる中に居る船花曇/長谷川零餘子

蝌蚪小さし浮かびて消ゆる水泡よりも/草田男

露のふるけしきに消ゆる水泡かな/久保田万太郎

タイトルとURLをコピーしました