竈火を使用した俳句

竈火に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

竈火を含む俳句例

初茜母の竃火地に展く/竹中宏

草餅のその幾臼の竈火ぞ/石塚友二

極月の竃火みゆる巷かな/飯田蛇笏

竃火のまとへる暗さ閑古鳥/木村蕪城

宵闇や竃火に遠き蔵びさし/飯田蛇笏

山国の年端月なる竃火かな/飯田蛇笏

日に三度たく竃火や秋の風/橋本鶏二

竈火うつる雨の木膚や蝸牛/西山泊雲

竈火のどろどろ燃えて初御空/原石鼎

燃え立ちて竃火親し秋の暮/松村蒼石

六月の竃火の奥見つめをり/飯島晴子

暑き竃火葭切山に来て鳴けり/飯田龍太

竃火の燃えゐて雨の実梅かな/西島麦南

竃火や餌飼ひ大事の鵜匠ゐて/石川桂郎

竃火赫とただ秋風の妻を見る/飯田蛇笏

竃火の俄かにはげし夕みぞれ/室積徂春

竈火赫とたゞ秋風の妻を見る/飯田蛇笏

能継いで竈火濃ゆき野菊かな/山本洋子

芦暮れて蜑が竃火ここかしこ/木村蕪城

洲の芦の騒ぎ竃火まくれなゐ/木村蕪城

俳句例:21句目~

鰯雲故郷の竃火いま燃ゆらん/金子兜太

ゆき暮れし峡に炭竃火を吐ける/山口草堂

母は息もて竃火創るチェホフ忌/寺山修司

空梅雨の夕凪ぐ漁家の竃火かな/西島麦南

竈火赫つとたゞ秋風の妻を見る/飯田蛇笏

麦とろの麦焚く竃火母のいろ/橋本美代子

かまど火のその円光を抱き死ぬ/津久井理一

かまど火の奥透きとほり雪の暮/馬場移公子

萩野の日来し瞳やはらぐ竈火かな/宮武寒々

風邪の婢の濡手にいらふ竃火かな/西島麦南

かまど火の見えて緋桃の風雨かな/大峯あきら

かまど火はいつも安らか山枯れても/大野林火

たまねぎに映るかまど火娶りたれば/木下夕爾

めざめきく竃火に野分落ちゐたり/金尾梅の門

夕されば戸々の竃火や啄木鳥/定本芝不器男句集

タイトルとURLをコピーしました