恵比須(恵比寿)を使用した俳句

恵比須(恵比寿)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

恵比須(恵比寿)を含む俳句例

若恵比須守れ江戸橋三枚目/材種

大黒も恵比須も柱十夜粥/橋本榮治

綱曳や恵比寿大黒真中に/宮川史斗

海人の子の大粒涙恵比須講/原田喬

愛敬に能い客つるや若恵比寿/素丸

恵比須まで屠蘇の盃預けけり/野坡

大当りの声の谺や初恵比須/松原幸子

恵比須市闇に向ひて招き猫/杉山ふさ

恵比須講あひるも鴨に成にけり/利合

初恵比須朱の大団扇賜りぬ/柴田豊子

算盤の夜光の珠や恵比寿講/尾崎紅葉

初夢の恵比寿の鯛の紅きこと/市川芽子

恵比須講酢売に袴着せにけり/松尾芭蕉

恵比須ほど貌は更しな老の春/服部嵐雪

綱引きの年男とて恵比須面/沢崎ゆきえ

婚の荷を送りて雨の初恵比寿/田渕葉陽

電話後の瞼の厚み恵比寿かな/四ッ谷龍

まづ鯛と筆を立てけり恵比須講/中村史邦

初金毘羅一刀彫で恵比須笑む/砂井斗志男

恵比須講信濃の夜空山ばかり/加藤知世子

俳句例:21句目~

春暑し恵比須祭も疾くすぎぬ/星野麦丘人

福笹に恵比寿も鯛も触れ合ひぬ/磯野充伯

福笹を置けば恵比寿も鯛も寝る/上野章子

福蛇にたじろぐもあり恵比須講/甲賀山村

船宿にしのび会ふごと恵比寿講/望月/博

大盛りの飯ひかりをり恵比須講/関根裕子

するめ焼くにほひも恵比須祭かな/瓜生和子

ひたひたと山に蛭ゐて恵比寿天/小島千架子

ふるき寄席閉づる噂や恵比須講/水原秋櫻子

ペーロンの勝酒ささぐ濱恵比須/下村ひろし

恵比須さん通りの干物買ひ初めに/橋本榮治

石工今恵比寿を創る日除けかな/阿波野青畝

てらてらと煤けし恵比須まつりけり/宮岡計次

そのかみは武より出でたる恵比須講/真下喜太郎

恵比須講世故にたけたる顔ばかり/佐々木東海子

タイトルとURLをコピーしました