宿屋を使用した俳句

宿屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

宿屋を含む俳句例

夕立や宿屋の庭の金池/正岡子規

鎌倉の古き宿屋の松飾/高浜虚子

日光の古き宿屋や桐の花/正岡子規

晩涼や宿屋の並ぶ大門町/田中冬二

五月雨や宿屋の膳の干蕨/正岡子規

京の水甘き宿屋の金かな/中川四明

蚊の多き一新講の宿屋哉/正岡子規

初秋の枕小さき宿屋かな/正岡子規

谷川に臨んで菊の宿屋哉/正岡子規

孑孑や須磨の宿屋の手水鉢/正岡子規

清水を仰ぐ宿屋の若葉かな/籾山柑子

温泉の町に紅梅早き宿屋哉/正岡子規

春の夜や京の宿屋の釣衣桁/中川四明

馬の蝿牛の蝿来る宿屋かな/夏目漱石

下駄借りて宿屋出づるや朧月/正岡子規

冬構して大いなる宿屋かな/楠目橙黄子

夢さめて木曾の宿屋よ薄蒲團/正岡子規

宿屋出て秋の狩場を通りけり/松瀬青々

寒紅を土産にくれし宿屋かな/田中冬二

手と足に蒲團引きあふ宿屋哉/正岡子規

俳句例:21句目~

料理屋を兼ねたる春の宿屋哉/正岡子規

朧夜や悪い宿屋を立ち出づる/正岡子規

武家屋敷めきて宿屋や百日紅/高濱虚子

菊活けて荷物ちらばる宿屋哉/正岡子規

蚊の声にらんぷの暗き宿屋哉/正岡子規

新任の宿屋住居の籐椅子かな/唐沢樹子

鹿聞いて淋しき奈良の宿屋哉/正岡子規

古利根のとある宿屋のつくし飯/田中冬二

宿屋らしからぬ桔梗屋鱈を煮る/渡辺池汀

春日野の宿屋を出るや鹿に逢ふ/正岡子規

蚕飼する村に宿屋もなかりけり/正岡子規

降りやまぬ宿屋に春を惜みけり/野村泊月

合歓にかや古河の渡しの宿屋かな/飯田蛇笏

沢庵を漬ける宿屋をホテルといふ/渋谷鉄郎

雪になりさうな宿屋の客ひきの顔/大橋裸木

あいまい宿屋の千枚漬とそのほか/中塚一碧樓

タイトルとURLをコピーしました