野草を使用した俳句

野草に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

野草を含む俳句例

酒さびて螽やく野の草紅葉/其角

旅の土産丹波野草と蛍籠/稲畑汀子

野の草を見る会葛に屯して/高澤良一

野の草のやや亂れ居る魂祭/永田耕衣

区民祭よしずめぐらし野草展/苗代碧

蛇苺鉢に仕立てて野草展/藤本スエ子

見残せし袈裟の恋塚十月野/草村素子

野草食の胡麻和など恋ひて/石塚友二

殉教の野の草紅葉おのづから/朝倉和江

牛達の夜床野の草まだ短く/橋本多佳子

逆立をして見たる野の草萌ゆる/上野泰

野の草となりはて蛇の目草萌ゆる/青邨

秋雨や色づきたけて野路の草/西山泊雲

野の草に醜草はなし犬ふぐり/稲畑汀子

苗札の野草はいまだ芽を出さず/堤靭彦

野の草の色にまもられ青蛙/工藤いはほ

野の草を活けて勤労感謝の日/白井爽風

朝祷や野の草に露ゆきわたり/馬郡民子

枯野の草こもれりの哥あだ也けり/調泉

今朝咲きて野草と別れ百日草/丹間美智子

俳句例:21句目~

十六夜や野草ばかりの稽古花/古賀まり子

秋草も黄勝ちの野草摘みとりぬ/高澤良一

粥甘し春の野草もまた甘し/阿部みどり女

蓼太忌や風に日に飛ぶ野草の実/稲垣陶石

野の草を活けてすなはち秋草図/鈴木節子

霧流る愛用茶碗の野草の絵/鍵和田ゆう子

雲をおきて枯野の草は乱れ伏す/原コウ子

一つ一つ野草の命ほととぎす/阿部みどり女

汝がむくろ枯野の草に臥てちさき/中尾白雨

野の草の枯れつつ咲けり女人堂/小島千架子

野の草へ露を配りにゆくところ/ふけとしこ

野草観察みんなほほうとシモバシラ/高澤良一

わらび野の草踏みくぼめ癒えしかな/成田千空

身ほとりに野の草の咲く夏が好き/北原志満子

露けく此子のつかれたところで野草を寫す/荻原井泉水

タイトルとURLをコピーしました