仏足石を使用した俳句

仏足石に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

仏足石を含む俳句例

鹿ケ谷仏足石に春落葉/峯高子

蝉涼し仏足石に供へ米/冨田みのる

死場所を仏足石に冬の蜂/鈴木鷹夫

すが~し仏足石に松落葉/野村喜舟

新涼や仏足石は五指ひらき/林道子

大いなる仏足石撫で福詣/藤江朋子

人の泣く仏足石や小六月/根本露皎

如月の仏足石を拝すかな/野村喜舟

雨蛙仏足石の窪に座し/秋本三代子

蟻地獄仏足石の影およぶ/荒川幸恵

あたたかし仏足石に足重ね/藤本悦子

蝗飛びきたる仏足石のうへ/根岸善雄

蟻の道仏足石を越えゆけり/服部高明

ひざまづく仏足石も露の石/藤崎久を

音たてゝ仏足石の木の実かな/飴山實

冬日差す仏足石を囲みけり/射場智也

凍蝶の翔ちて仏足石残る/日暮ほうし

初蝶は仏足石へいそぐなり/栗林千津

手入良き仏足石や山笑う/脇本良太郎

梅雨晴や仏足石にリラ銀貨/白井恭郎

俳句例:21句目~

濡れて付く佛足石に萩の塵/川崎展宏

なめくじり這へり仏足石の上/根岸善雄

仏足石ここを動かぬ冬の蝿/村上はるか

翔鶴忌仏足石に日のぬくみ/和田しずえ

花吹雪く仏足石を浄めんと/小路智壽子

花虻の仏足石を摺りて飛ぶ/深見かおる

昨夜の雨溜めて仏足石ぬくし/竹内牧火

蟻んこの遊び場となる仏足石/高澤良一

遠足の仏足石にかたまれる/今井千鶴子

仏足石五体の窪みみな暑し/土肥あき子

青しぐれ仏足石を降りのこし/松永知子

秋霖の洗ひつづける仏足石/関口ふさの

沙羅散りぬ仏足石といふ石に/小路智寿子

佛足石に賽銭を置く冷えまさり/川崎展宏

木の実独楽廻してみたき仏足石/太田土男

あらせいとう佛足石に肴の絵/すずきりつこ

小蛇消え仏足石のただ平らか/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました