修道女を使用した俳句

修道女に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

修道女を含む俳句例

梔子に横顔かたき修道女/三宅一鳴

畑打の幼な顔なる修道女/西野郁子

白靴の歩みそろひし修道女/田島十

雲の峯いつも伏目の修道女/長田等

山畑を耕す木ぐつ修道女/佐藤一村

七夕の竹伐る中に修道女/朝倉和江

春泥に裾軽くとる修道女/山口季玉

ミサ終へて寒の鰤割く修道女/淵脇護

修道女わが眼に触れて麦畑に/澁谷道

修道女大きマスクに瞳澄む/山口季玉

修道女菓子焼く聖母生誕祭/杉田竹軒

修道女露の脚絆のまま祷る/西本一都

冬晴れの自由ヶ丘に修道女/伊藤久生

年の市鯛焼きを買ふ修道女/西村英子

竜胆を跨いで行きし修道女/藤平寂信

青蔦やころころ笑ふ修道女/山本昌英

高空にゐて毛虫焼く修道女/桜井博道

リラの花菓子作りして修道女/山脇睦久

修道女の大き手提や梅雨晴間/近藤愛子

修道女汗の市場にまぎれ入る/柏原眠雨

俳句例:21句目~

畑を打つフランス鍬の修道女/西本一都

炎天の道のはるかを修道女/和田耕三郎

秋蝶やひとり行くなる修道女/大前恵兵

藷植うるみんな跣足の修道女/早田鳴風

炎天をしづかに笑みて修道女/松田雅弘

とんばうの島に棲み古り修道女/森光梅子

どんたくの人出の中の修道女/朽原ゆきを

リラの香の朝餉来合はす修道女/堀口星眠

修道女と肘触れしかば薄暑来ぬ/小林康治

修道女セーターの白許さるゝ/平林とき子

胼しるき修道女の指聖書くる/大木かず子

重ね着の黒をかさねて修道女/谷本恵美子

鷹鳩と化すといふ君は修道女/渡邊千枝子

修道女午後はふのりを干すいとま/高濱年尾

修道女のその胼の手を吾が見たり/竹下しづの女

熱風の黒衣がつつむ修道女/中島斌雄「火口壁」

タイトルとURLをコピーしました