坂道を使用した俳句

坂道に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

坂道を含む俳句例

教会の並ぶ坂道春の海/木津照子

無言館への坂道妻と斑猫/鈴木明

鳩吹や坂道下りて杉林/松下紫人

坂道の多き王子の午祭/梅本不二男

苗売が坂道にゐて湖の町/斉藤夏風

坂道の轍帯なす花の屑/橋本ふみ子

馬追や坂道多き隠れ里/大槻八千代

野菊繚乱雁坂道はここよりす/松本旭

復活す神の坂道きりぎりす/対馬康子

坂道の多き神戸や囀りも/黒岩恵津子

坂道は下りが難儀鳥渡る/梶山千鶴子

坂道は人をとどめず夕桜/片山由美子

坂道を登るクレーン車春隣/垣/恵似

初日さす坂道をまだ誰も来ず/角川春樹

初瀬寺に続く坂道五倍子干す/山口典子

嘘つきは海鳴りが好き坂道も/南村健治

坂道となりてもつづく籾莚/波多野爽波

坂道の半ばに消えし道をしへ/末澤輝美

坂道を犬下りてくる苗木市/西山貴美子

如意輪寺坂道に摘む通草の芽/長沢ふさ

俳句例:21句目~

妻の墓までの坂みち枇杷の花/大嶽青児

敬老の日の坂道を来られけり/古川俊六

月まどか島の坂みち枇杷咲いて/及川貞

朴落葉積らせ四万の湯坂みち/秋山花笠

白糸の滝の坂道きぶし咲く/阿部ひろし

目の薬師までの坂道桑ほどく/増成栗人

秋麗の坂道のぼりつめても青/平井照敏

坂道を矮鶏ころげくる土用凪/梶原宇良

ひなげしの坂道いづれ柩みち/大木あまり

桜吹雪く坂道下水を急ぐ精子/八木三日女

この坂道これあるかなの椿かな/高澤良一

おんころころ坂道に降る椿の実/佐野豊子

落日顔にしみ緑おもたい坂みち/栗林一石路

いろいろな水銀灯がいきている坂道/山本伊左巳

山ほととぎす坂道ときに弛けくもあり/田口満代子

春雪に遇ひてのぼれる坂道にわが足うらの弾力生れな/篠弘

タイトルとURLをコピーしました