黙々を使用した俳句

黙々に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

黙々を含む俳句例

被災せし人黙々と冬囲/大森敏光

黙々と襷の走者息白し/伊藤典子

黙々と掛鯛造る郷の老/橋詰壽則

冬草や黙々たりし父の愛/富安風生

大津市を黙々登山隊通る/茨木和生

黙々と断酒のこゝろ菊作/河野静雲

木賊刈る墓守る老婆黙々と/安原坤

橇引いて犬黙々と従へり/黒沼草生

黙々と供えものして盆仏/高澤良一

黙々と榾火明りに物食ふ顔/加藤楸邨

向ひ同士暮れて黙々雪卸す/西村公鳳

黙々と着々と暑に処するのみ/滝青佳

春闘終ゆ駅手黙々駅を掃く/田中朗々

黙々と西日の中に胡麻叩く/田中冬二

黙々と雲衲はよし年木作務/河野静雲

牡蠣割女手練の技を黙々と/白石台水

蟻栃を黙々のぼり黙々下る/高澤良一

黙々と列につきゆく炎天下/星野立子

黙々北の農婦よ鱈の頭買ふ/西東三鬼

黙々と小包つくる春の雷/鈴木しづ子

俳句例:21句目~

黙々と憩ひ黙々と汗し行く/相馬遷子

黙々と手を運ぶのみ浅蜊掘/高澤良一

黙々と春夏秋冬燃えつぐ炉/近藤一鴻

黙々と月にあるきて僧親子/河野静雲

南京陥つ輜重黙々と雨に濡れ/片山桃史

黙々と北の農婦よ鱈の頭買ふ/西東三鬼

黙々と土と語りて耕せり/阿部みどり女

黙々と土塀つらなり花垂るる/臼田亞浪

黙々と砂漠に雪が降るこわさ/対馬康子

雨風に黙々として鵙の冬/竹下しづの女

黙々と勝ちすゝむ子や根木打/大森積翠

年は唯々黙々として行くのみぞ/高浜虚子

河豚讒して鮭死す海鼠黙々たり/正岡子規

秋の蚊や黙々として喰らひ行く/黒柳召波

河豚乾鮭を讒すれば海鼠黙々たり/正岡子規

黙々と夫が喰ひをりぬかごめし/加藤知世子

照る水に黙々として蓴摘む/鎌田利彦「かつらぎ選集」

タイトルとURLをコピーしました