堰/を使用した俳句

堰/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

堰/を含む俳句例

かの柳逆さ靡きや洗堰/森田峠

堰切つて暁蜩や一灯忌/岸田稚

一本の大柳散る堰哉/滝川愚仏

堰の水豊かに溢れ鶯菜/杉田英子

花筏堰越ゆまでの命かな/河田重喜

嵐山うつる大堰の濡れ燕/皿井旭川

大堰の水音高き雨月かな/福井圭児

春雨や白々けぶる堰の水/西山泊雲

初霜の石を崩して堰普請/及川仙石

春水の堰の上なる渉り石/野村泊月

堰石に土器灯す御祓かな/西山泊雲

白鷺は堰を離れず夕時雨/笹井雅司

流れゆく花の筏に三の堰/後藤春翠

洗堰にも八講の荒れ及ぶ/三村純也

堰一つ国を隣りぬ夏大根/小林輝子

山吹や春覚えある堰の宿/尾崎迷堂

水勢の堰へ寄りたき水遊/山田弘子

枯原や堰に音ある榛の風/飯田蛇笏

春山を出でくる川に堰いくつ/林火

堰落つる水輝きて犀星忌/山上房子

俳句例:21句目~

一笛の堰を切つたる薪能/西川織子

枝ながら桜流れぬ大堰川/正岡子規

堰越えの水音高き葬かな/嘉重尚廸

堰守に重きハンドル蛇苺/岩井三青

鶺鴒の堰弾み飛ぶ秋日和/小林歌子

堰を落ち橋を潜りて水温む/茨木和生

辛夷咲く水神の辺に喧嘩堰/太田土男

農協の秤や蜜柑堰切れず/百合山羽公

雪代の鉄砲堰と見たりけり/茨木和生

風光る利根の大堰仁王立ち/木島斗川

堰上ミに水つく枝や猫柳/楠目橙黄子

高なりて八十八夜の堰の音/澤村昭代

高らかに堰の戸開けぬ朧月/前田普羅

鮭上る生れし川の堰越えて/長廻郁子

鴨引きて堰を越えゆく鴨の羽/桂信子

麦畑出て堰のあまたの白水泡/中拓夫

堰板の裾より噴ける春の水/野村泊月

ひと雨や唄に堰切る風の盆/佐野美智

堰水に浮草ひがな巻きこまれ/南典二

大堰川掬みて墨磨る西祭/米沢吾亦紅

俳句例:41句目~

一の堰二の堰春の水溢る/廣江八重櫻

堰番の交代大夕焼のもと/長谷川素逝

堰落つる水の光りて田村草/吉岡桂六

堰落つる水白々と夕紅葉/大橋櫻坡子

人堰いて祭の供物始まれり/野村泊月

傘さして堰の上ゆく春の雨/野村泊月

堰近く萍まはりはじめけり/松本美簾

堰音に耳澄ましゐる夜水番/二神夕芽

夕焼けて寒鮒釣も堰の景/水原秋桜子

大堰やひろ~落つる春の水/野村泊月

初鮭や里曲にひびく堰の音/木津柳芽

千鳥とぶ堰より桂川となる/中村芳子

松蝉や水磨かれて堰を落つ/幸治燕居

奔り出て落花を誘ふ堰の水/小林碧郎

木流しや堰に立ちたる裸杣/樋渡清石

椿落つ心の堰の在りどころ/木内怜子

堰といふ水の切口初紅葉/上田五千石

水草のもみづる辺り堰鳴らず/南典二

堰とめて筏ひたせり枸杞の雨/原石鼎

流れ藻や堰のあたりに温む水/桂信子

俳句例:61句目~

流灯の灯影つらなる大堰川/鍛冶静代

漕ぎ乱す大堰の水や花見船/高浜虚子

瀬をあらび堰に遊べる螢かな/原石鼎

堰の水漏るに任せぬ紅葉鮒/籾山柑子

秋蠅もとびて大堰の屋形船/飯田蛇笏

稲無限不意に涙の堰を切る/渡辺白泉

萍のふくれ上りて堰を落つ/瀬戸十字

落鮎や流るる雲に堰はなく/鷹羽狩行

落鮎を手づかみしたり洗堰/平田昭恵

西祭すみし大堰のうす濁り/西川竹風

輪飾を鉄扉に掛けて堰守る/岩永草渓

一の堰二の堰越えて水温む/森高たかし

夕焼の堰に激ちてより天竜川/荒井正隆

蘆刈の人寄せ法螺や堰の上に/西山泊雲

おととひの祭の扇かゝる堰/大橋櫻坡子

かゝりゐる大堰の舟の置火燵/皿井旭川

けむらひて堰を水落つ凧の下/石川桂郎

待宵や堰越す水のなめらかに/田中俊尾

落鮎釣おのれの腰を堰として/渡辺恭子

春を堰いて手越の長の雛まつり/中勘助

俳句例:81句目~

堰を越す水のとらへし初明り/木下夕爾

春の水堰越す時はひかり合ふ/皿井節子

堰上げし水澄みゆくや竜蝨/松原地蔵尊

若蘆にうたかた堰を逆ながれ/杉田久女

堰二つ見えて浮間の春惜しむ/手塚美佐

青萱や踏みかたまれる堰の径/西山泊雲

三伏の堰づくろひの真葛刈る/木村蕪城

秋水の大堰のせきをふみ渡り/高濱年尾

光る水載せて堰板秋まつり/百合山羽公

冬の水堰ある音をたてるかな/野村喜舟

花茨水まんまんと堰越ゆる/針ヶ谷久枝

堰落ちし水の白炎ほたる噴く/関森勝夫

小さき堰波立てゝをり春の川/高木晴子

水薄くすべりて堰や赤とんぼ/石川桂郎

花芹にうすぎぬのごと堰の水/山田弘子

群雀落つわが胸白い堰のごと/金子皆子

堰とどろ山に秋くること早き/高澤良一

簗打ちぬ堰の杉葉の青々と/楠目橙黄子

採る人もいない田螺へ堰の水/梅田英子

堰落つる水の谺や茱萸の花/伊藤紫都子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました