放浪を使用した俳句

放浪に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

放浪を含む俳句例

放浪や肘へ氷菓の汁垂れて/飴山實

放浪の胸ゆたかなる百合鴎/原田喬

放浪の神好色の神渡りけり/村上高悦

放浪の一夏帽子の型保てず/細谷源二

放浪の厠にて聴く初鶏よ/堀井春一郎

山萩の一夜もありし放浪記/片山辰水

放浪の木を替え蝉の山頭火/高澤良一

雪野行き吾には吾の放浪記/大橋敦子

放浪子酒下げ故郷の新年会/千保霞舟

おしずかに今宵男雛と放浪す/米沢幸子

はつ夏の風を枕に「放浪記」/中村和代

放浪もならじ畦火の煙まとふ/白井米子

放浪の芙美子の終の春火鉢/名和未知男

柳芽やほつほつ放浪したき空/飯田春紅

梨を食ふわれに放浪癖ありぬ/森川暁水

流灯に放浪の癖まだ抜けず/上田フサ子

花枇杷や病む放浪に金散じ/八牧美喜子

はまなすの実の放浪をつづる紅/野沢節子

冬の海炎えたちこころ放浪す/柴田白葉女

放浪のこころ責めゐて落葉焚く/仙田洋子

俳句例:21句目~

放浪のグレコの海に藻と浮くや/五島エミ

正座ときに放浪であり曼珠沙華/塩野谷仁

金木犀部屋かへて読む放浪記/鍵和田釉子

どこか放浪の雨に咲くモネの睡蓮/三浦桂芽

嘆くでもなし放浪のかたつむり/長谷川秋子

放浪の身につまされてながし聴く/毛利提河

昼寝覚芙美子「放浪記」と共に/河野多希女

水草生ふ放浪の画架組むところ/上田五千石

秋うらら書架にもどらぬ放浪記/三田きえ子

葉を捨てて枝の放浪はじまりぬ/津沢マサ子

たらの芽や放浪の血を末つ子に/大木あまり

ががんぼの羽のこぼれし放浪記/小松原みや子

放浪とは柿を剥くこと口あくこと/藤村多加夫

湯に浮くはわたしの放浪冬雲雀/一ノ瀬タカ子

コンビニエンスストアからはじまる少年の放浪/三浦北飴

タイトルとURLをコピーしました