海底を使用した俳句

海底に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

海底を含む俳句例

秋虹や海底積もるの骨/松本進

海底を流るる砂に寒鮃/長谷川櫂

煮凝にありし海底物語/高畑信子

先帝祭海底古都へ昼花火/森礼子

海底の松籟を聴く鑑真忌/石寒太

うにの棘青む海底に迄夕焼/杉本寛

山巓に海底地殻まざと夏/斎藤梅子

海底の蟹は殻脱ぐ月の夜/倉本路子

海底に都ありてぞ管弦祭/野澤節子

枯急ぐなり海底へ岩の階/平岡道代

海底も暑しと階を登りくる/辻桃子

初茜海底火山かも知れず/落合水尾

流星や海底に殖ゆ鰈の目/大塚まや

海底に真清水は湧き寒鮃/長谷川櫂

海底に砂かむる日脚のぶ/友岡子郷

海底に船骸のこり原爆忌/福永志洋

花の裾引く海底に都あり/藤川白舟

海底の岩にわが影雁渡し/西村公鳳

海底山脈山頂は島冬耕す/吉野義子

ふいに跳ぶ海底はどんな春/河井末子

俳句例:21句目~

海底のしづかな狂気水眼鏡/秋山卓三

海底のひかりを志度の冬櫻/黒田杏子

海底の岩になり切つたる虎/小川竜雄

海底の横の明るさ海女潜る/津田清子

亀鳴いて募る海底調査隊/堀/信一郎

海底の貝が貝恋ふ稲光り/白田喜代子

海底の隆起におのが寒き影/佐藤鬼房

十尋透く海底蟹は歩すばかり/杉本寛

啓蟄の海底より人現はれし/大橋古城

海底は照さぬものか朝日影/正岡子規

海底は魂の遊び場雲丹の花/丸山海道

海底も上天気よと鮑海女/山中一土子

海底も秋酣と海女の言ふ/町田しげき

大鮑海底の香に売られけり/村山古郷

女心語る海底透きて麦の秋/細見綾子

海底をたぎらす音や鮟鱇鍋/磯野良徳

海底透視船室にゐる冬の蝿/鈴木節子

戦艦は海底にあり黄砂降る/大庭紫逢

漁やめて瑠璃の海底秋祭/百合山羽公

正月の海女海底に庭をもつ/鷹羽狩行

俳句例:41句目~

爪先で海底歩くひとりとなり/稲葉直

盆の海底が動くと海人恐る/片田千鶴

海底にあをき死ぬ霧月夜/篠田悌二郎

秋の夜の海底のごと暗かりき/上村占

海底に散り積む鬱金櫻かな/黒田杏子

海底に沈んでいる友乾布摩擦/上月章

海底のごとくうつくし末枯るゝ/青邨

海底に珊瑚花咲く鯊を釣る/高浜虚子

海底に藻の色顕ちて初日の出/桂信子

海底の火の山ねむる海鼠かな/龍岡晋

海底のごとく静かや安居寺/辻本青塔

海底の泉のむかしむかしかな/夏石番矢

エレベーター開く海底夏休み/横山節哉

海底に住み古るものへ夏銀河/小林貴子

海底を歩きし蟹を食ふ春夜/市村究一郎

海底に何か目ざめて雪降り来/加藤楸邨

海底のけむり出てくる汐干狩/杉野一博

鮟鱇の海底の地震見たる貌/八牧美喜子

海底のごとく月照る枯野かな/岡田夏生

夜の梅に海底までの黒瀬川/中戸川朝人

俳句例:61句目~

海底に潮の流れや海鼠採り/天野逸風子

差羽くる机に海底世界地図/諸見里滝也

海底も風吹きをらむ神の留守/鈴木鷹夫

海底に軍艦沈んで吐き出す海/大屋達治

海底に海の重たき曼珠沙華/正木ゆう子

海底の砂もろともに昆布乾く/稲畑汀子

海底にゆらぐ夏日や鵜戸の宮/米谷静二

海底に死者居て夜光虫光らす/菅八万雄

海底の揺りあげてゐる佛生会/綾部仁喜

見えてゐる海底の巖四温かな/田中裕明

訛りつつ梅雨の海底経し電話/品川鈴子

雪の海底紅花積り蟹となるや/金子兜太

泳ぐ子が去るに海底しづみけり/萩原麦草

海底を行く列車あり枇杷の花/高野ムツオ

海底の地震春眠をゆさぶりし/百合山羽公

土踏まずにさわぐ海底颱風前/加藤知世子

海底より寒しや冷蔵庫のなまこ/品川鈴子

海底を掻き掻き一握づつのうご/沢木欣一

海底歩く夢落花など散りしきり/中島斌雄

破魔矢持ち海底人道行く一家/森松まさる

俳句例:81句目~

ほのくらく海底透ける夜寒かな/松瀬青々

見つめれば見える海底半夏生/岩淵喜代子

不知火のその海底のあねおとと/黒田杏子

夜振火や海底までの駅いくつ/希田沙知子

海女と海女海底で遇ひよそよそし/津田清子

東京タワーの高さは海底の淋しさ/遠山郁好

基地で果てた青春海底透きに透き/伊丹公子

加太の海底ひの鹿尾菜花咲くと/阿波野青畝

海底へいまも散りゐるさくらかな/佐藤喜孝

海底の静けさを瞳に鯊釣りあぐ/加藤知世子

海底や地底の除夜は如何ならむ/相生垣瓜人

海底に日の差してゐるさよりかな/角川春樹

海底に父の言霊沖縄忌/志摩知子「風の精」

或日海底にあかえいとなり泳がんかな/尾村馬人

人間苦のごと海底をさまようて渦現わる/橋本夢道

クーラーで海底ぐらししてゐるか/松澤雅世「萌芽」

海底は水にかくれて合歓の花/鳥居真里子「鼬の姉妹」

海底に降り積む雪は青年を眠らせてわが画面を消すも/黒瀬珂瀾

空は五月/海底に立つ暗緑の富士/みごもりを知らぬ男ら/小野興二郎

タイトルとURLをコピーしました