窺うを使用した俳句

窺うに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

窺うを含む俳句例

み空より雀窺ふ菊の数/村越化石

油虫窺はれゐて窺ふよ/飯島静子

人気なき昼を窺ふ蛇苺/高澤良一

名月や客を窺ふ門の松/立花北枝

やぶ入の子の窺ふや萩薄/松瀬青々

窺へば誘ふごとし秋の水/西村和子

精悍となり窺へる畦火かな/岸田稚

繁蔵を伊之助窺ふ牛角力/高澤良一

余所者を窺ふ佃の羽抜鶏/伊東宏晃

先づ出方窺ふ戦も蟷螂も/高澤良一

草の実や鉤もて人を窺へる/瀧春一

蟻穴を出て一天を窺へり/赤坂邦子

梅林の館窺へば市史ならぶ/森田峠

血眼に蚊帳を窺ふ抜刃哉/正岡子規

梨棚の隙より窺く青天井/坂野/辰

鷺草の花の窺ふ方位かな/後藤夜半

灯取虫闇窺へば山のあり/安立恭彦

龍天を窺ふ七郎平桜の湖/小川恭生

炭団法師火桶の窓から窺けり/蕪村

窺つてゐし蜩の奏でそむ/西村和子

俳句例:21句目~

窺ふや書院を匿す今年竹/石川桂郎

大寒波席捲の機を窺へり/相生垣瓜人

屏風絵の鷹が余白を窺へり/中原道夫

梅酢澄み棚にて気息窺へり/下村槐太

炭團法師火桶の穴より窺ひけり/蕪村

花の鳥窺ふひとを脇目にす/高澤良一

鯉を窺ふと春著の裾をひき/下村槐太

穴子食み世の趨勢を窺へり/老川敏彦

菊人形武士に戦意の窺へず/磯崎美枝

ゐもりつく王の秘メ事窺ひし/松瀬青々

灼け熔岩にわれを窺ふ鴉の眼/伊東宏晃

蟹の瞳や油団の人を窺へり/島村元句集

鮎釣のしばらく流れ窺へる/深見けん二

クロッカス外気窺ひつつひらく/西村和子

死にゐたる蟷螂をわが窺へり/百合山羽公

七月の孔雀の色を窺へり/飯島晴子「八頭」

蒲団干す火山灰吐く山を窺ひて/富永/きぬ

蚕簿より身をのり出して窺へる/堀江多真樹

タイトルとURLをコピーしました