戦火を使用した俳句

戦火に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

戦火を含む俳句例

身の内に戦火の記憶寒昴/植村/文

幾戦火越えて冬帝二本杉/菊本昌子

早梅の白光色の戦火あり/対馬康子

長身の戦火を知りて焼藷屋/依光陽子

遠野火や戦火たえざる水の星/関一草

戦火に燃えし川面や雛流る/田口君枝

こちら日本戦火に弱し春の月/三橋敏雄

表札を洗ふみどりの戦火かな/攝津幸彦

街灯とイヴの灯競ひ遠い戦火/大高弘達

名ばかりの戦火の佛彼岸来る/猿山木魂

街を行く遠い戦火に手をあげて/三谷昭

潮騒や戦火の色の花デイゴ/十時千恵子

毛糸編む妻に戦火の遠けれど/岸風三楼

教会に戦火の跡やリラにほふ/梅田文子

初夢をわすれ戦火をわすれざる/仙田洋子

戦火なき世のとはにあれ初詣/上田正久日

戦火ふりかぶりし男蓮を剪る/大頭美代子

排気の火涼し戦火を忘れねど/殿村莵絲子

白息の闇のつづきに戦火あり/宮田カイ子

街をゆくとほい戦火に手をあげて/三谷昭

俳句例:21句目~

雪沁むや戦火にもろき墓ばかり/中島斌雄

少女の脚へ銅線からまり遠い戦火/安井浩司

戦火ボスニアいつそ海市の都なれ/仙田洋子

螢火に亡きは老いずよ戦火杳し/文挟夫佐恵

戦火つづく海面張力の亀甲墓/野ざらし延男

夕焼のはての戦火湯槽に砂たまり/友岡子郷

冬雲に機音何処かしのび寄る戦火/山岡敬典

ビールあげよ市民に燃える遠い戦火/三谷昭

ふるさとや柿は戦火のいろに熟れ/楠本憲吉

あらたまの玉の中なる戦火かな/高野ムツオ

年のネオン遠目夜空は戦火に似る/岩田昌寿

青さ残るバナナ手にせり戦火近し/村沢夏風

花柘榴戦火経て来し古井かな/玉城一香「地蟲」

ちやんちやんこ戦火潜りし母のもの/扇原よし子

箱庭に戦火逃れし山河あり/河口仁志「沖歳時記」

タイトルとURLをコピーしました