微光を使用した俳句

微光に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

微光を含む俳句例

柔肌に微光微音の春の星/原裕

寒鴉微光を羽の内側に/河合凱夫

体内も枯山水の微光かな/橋間石

花房を伝ひて微光下り藤/高澤良一

やすらふや胸に微光の初燕/下田稔

蕨狩微光の蕨採りのこす/柿本多映

ルンペンの唇の微光ぞ闇に動く/篠原

踊子の髪に微光や夜半の春/原コウ子

初空や微光をはなつ八ヶ岳/渡辺立男

蛾の微光おのれ昂り母寝落つ/桂信子

藪へ来し日に初雀微光せり/福島小蕾

歳月の春田の微光身をつゝむ/相馬遷子

蝸牛おのが微光の中をゆく/千代田葛彦

遠浪の微光に崖の石蕗の花/柴田白葉女

地は暮れて紫雲英田一枚微光せり/遷子

微光にも白樺さめて十二月/勝又木風雨

晩涼のあたまの微光わが発す/三橋敏雄

朴の花白きはまれば微光かな/沢木欣一

樺の樹の微光となりて山氷る/対馬康子

たそがれは微光とならむ蛞蝓/能村登四郎

俳句例:21句目~

はばたく蛾の銀粉を紗に微光の町/桂信子

画展出て落葉微光に歩み入る/柴田白葉女

園児去る微光の中のかたつむり/橋本榮治

藤棚を透かす微光の奥も藤/長谷川かな女

蚊の微光元義の歌ぞかかりける/永田耕衣

刻の影氷面にうつりて微光揺る/石原八束

凍てし湖深夜の微光知らるるな/津田清子

生きて恋して流星の曳く微光年/原子公平

銀河より享けし微光や林檎噛む/平畑静塔

雲膓の微光よせあふ雨もよひ/柴田白葉女

白鷺の微光梅雨野の霽れんとす/徳永山冬子

微光して梅雨のみどりに昼の鶏/柴田白葉女

茶の花に昏れの微光の白く凝り/文挟夫佐恵

時雨忌やお仏飯の微光みそなはせ/飯田蛇笏

ふろふきの味噌微光して日の沈む/北原志満子

十一月は青微光なし越前の蟹の雌雄も食はれてしまふ/鈴木春江

タイトルとURLをコピーしました