おでん酒を使用した俳句

おでん酒に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

おでん酒を含む俳句例

合席も淋しき人かおでん酒/原田青児

古き友古き詩ありおでん酒/岩崎照子

百代の過客の一人おでん酒/長谷川櫂

甘えたき母似の女将おでん酒/南/水

牛市の寒さ封じのおでん酒/昆ふさ子

おでん酒酌むや肝胆相照らし/山口誓子

失業の受け皿なくておでん酒/佐藤節子

教師には向かない男おでん酒/近藤千雅

おでん酒夫の多弁を目で封じ/斎藤佳織

江ノ島の橋たもとなるおでん酒/堤靭彦

おでん酒百年もつかこの世紀/川崎展宏

倖せが誰でも似合ふおでん酒/高井敏江

おでん酒貧乏ゆすりやめ給へ/倉橋羊村

おでん酒わが家に戻り難きかな/村山古郷

おでん酒当を得ているその見方/高澤良一

おでん酒酌んで互ひに相識らず/田伏幸一

おでん酒風くろぐろと吹き通り/草間時彦

往生の語をもてあそぶおでん酒/小林康治

一人かと聞かれ注がるおでん酒/芝地裕二

カフカ去れ一茶は来れおでん酒/加藤楸邨

俳句例:21句目~

結局はおでん酒にて別れけり/井上鷺襲子

豆腐のみ食うべて老のおでん酒/大浜逸浪

貴方出世しますと女将おでん酒/堀/磯路

おでん酒あしもとの闇濃かりけり/久米三汀

おでん酒うしろ大雪となりゐたり/村山古郷

のれんよりはみ出す背中おでん酒/内山照久

妥協する気になつてきしおでん酒/角南旦山

急流のごとき世なれどおでん酒/百合山羽公

採点簿かくしにふれしおでん酒/能村登四郎

また電車とおり過ぎたりおでん酒/小西明彦

高飛車に決め付けらるるおでん酒/高澤良一

おでん酒美空ひばりが好きで好きで/平岡公子

人の世がたまらなく好きおでん酒/西村無二坊

河馬の背のごときは何ぞおでん酒/上田五千石

レールややはずれて生きておでん酒/古田保子

タイトルとURLをコピーしました