真夜中を使用した俳句

真夜中に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

真夜中を含む俳句例

真夜中や炬燵際まで月の影/去来

真夜中に梟鳴きぬ梅雨の入/原石鼎

真夜中の港を煌と蛍烏賊/菖蒲あや

大きな蝶を殺したり真夜中/山頭火

お別れと思ふ真夜中不如帰/黒川悦子

真夜中の長野の駅の林檎売/田中冬二

真夜中の白木蓮に言問はむ/津田清子

人日の真夜中に足洗いけり/五島高資

真夜中に鋭く泣く子葦の角/山西雅子

真夜中のごとく燈して枯木宿/上村占

真夜中や鱚舟くだる隅田川/木津柳芽

冬に入る真夜中あらき月の雨/飯田蛇笏

夜這星飛騨の平湯の真夜中を/田中冬二

天の川真夜中すぎし出船かな/中川宋淵

天の川真夜中過ぎし出船かな/中川宋淵

真夜中にあそべる母や明易き/恩田秀子

真夜中に雉子叫びぬ倦怠期/加藤知世子

草枯るる真夜中何を呼ぶ犬ぞ/西東三鬼

真夜中の冬田を越ゆる雨の音/松村蒼石

たぐひなき真夜中の月遺稿集/中山純子

俳句例:21句目~

真夜中に乳やる銀河見える部屋/対馬康子

真夜中の蚊帳電光のういういし/渡部陽子

真夜中の蜘蛛に武将の面構へ/和田耕三郎

真夜中の鹿ほとばしる蛇口かな/五島高資

真夜中やふりかはりたる天の川/服部嵐雪

真夜中や蚊帳を圧しくる滝の音/増田龍雨

真夜中の入谷通るや露しぐれ/大場白水郎

紅さしてきし真夜中の月見草/青柳志解樹

真夜中にほほづき燃える仏間かな/松下千代

真夜中の目をあけてゐる雛かな/永田耕一郎

ロボツトがロボット作る冬真夜中/安井信朗

真夜中を過ぎて狂へる涅槃西風/福田甲子雄

真夜中の大きなマスクの中のかもめ/攝津幸彦

亡き子呼ぶや真夜中に澄む空と湖/加藤知世子

真夜中に鯉さめている親さめている/阿部完市

人ら寝ふけし真夜中土にかへる葉よ/栗林一石路

タイトルとURLをコピーしました