赤えいを使用した俳句

赤えいに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

赤えいを含む俳句例

えいの尾になる町は鶉かな/沾徳

赤えいの瞑想感覚尊けれ/安西篤

裏山の幼い星よえい泳ぐ/坪内稔典

雑と置く赤えいの眼の憤り/皿井旭川

赤えいの広鰭裏の黄を翻す/山口誓子

八月や黒も炎えいろ黒地蔵/猿田咲子

水槽の無音をえいの横断す/奥坂まや

市にして赤えいの刺没日赤し/加藤楸邨

えいを干す崖の日向に海桐の木/上村占

赤えいの広鰭潮を摶ち摶てる/山口誓子

終戦日朦朧機雷えいになれ/百合山羽公

引網の外道のえいは鉤打たる/中村春逸

大赤えいものの怪しき姿かな/青木月斗

えいが一番鮫が二番と涼しかな/松山足羽

夏終るえいの煽りを硝子越し/小檜山繁子

引かれゆく赤えい浜を均しつつ/塚原白里

扁平の身を伏せえいも寒に耐ふ/津田清子

時雨来て生洲のえいの泳ぎ居る/高木晴子

水槽のえいは沈みて動かざる/大野雑草子

赤えいの乾きやまざる鰭を振る/加藤楸邨

俳句例:21句目~

水槽のえいを仰ぎて飽くことなし/大屋達治

船火事見し回游ふかくふかくえい/鈴木勁草

向きあひし二匹のえいや時雨居る/高木晴子

水押さへ押さへてえいの月日かな/吉田紫乃

赤えいの眼のひとつある切身かな/茨木和生

ぺた~と地を打つえいの尾鰭かな/岡田耿陽

赤えいは毛物のごとき眼もて見る/山口誓子

黒きもの動きてえいとなりにけり/岡田耿陽

生洲べり行つたり来たりえいのあり/高木晴子

地にのこる鮮血えいを競りしあと/橋本多佳子

赤えいのあがりしとふれわたるなり/岡井省二

わがたましひ赤えいとなり泳ぐかな/飯島晴子

夏の終りの浮きぎみのえいとかしぎぬ/池田澄子

刺されたるえい泣きゐしがしづまれり/山口誓子

えいの子や遊びの果てに生まれしか/大木あまり

タイトルとURLをコピーしました