稚を使用した俳句

稚に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

稚を含む俳句例

放流稚狙ふ高さに冬鴉/石川文子

稚どれも上流に向き雪解光/村岡悠

心経を唱へ緋鯉の稚放つ/山本悦子

稚漁る指宿の海春寒し/田代相洋子

太陽が粉雪降らす稚放流/石川文子

稚に声かけて放流風光る/石沢シヅ

春寒く水槽の稚かたまれり/石川文子

木枯や俳諧のこと稚のこと/大石悦子

鳰に跳んでみせたる沼の稚/高澤良一

一瞬に散りて涼しき稚の群/村上恵生

沖はるか稚を送りし雪解川/石川文子

稚加賀を忘れかけたる冬霞/鈴木鷹夫

鮭の稚池抽象形に波紋湧く/伊丹公子

九頭竜の茅花流しに稚放つ/青木和枝

初午や日向に稚のあすか山/手塚美佐

年新た稚遊ぶ海透きとほり/佐野美智

あたたかき言葉を荒く稚守る/石川文子

万の稚ひとつのいのち雪解水/石川文子

万緑に浸るやこの身稚のごと/渡辺トク

稚たちの鰭はねむらず夏の月/藤田湘子

俳句例:21句目~

梳かれ藻に稚のきらめき祭笛/奈良文夫

稚放つや野焼堤を駈け出しぬ/石川文子

大寒の稚の数記す孵化日記/八牧美喜子

遠雷や稚をこぼして四ツ手網/奈良文夫

野遊びの声に湧き来し稚の群/河野南畦

稚さへや鰭美しき冬はじめ/布施伊夜子

水ぬるむ稚の走りに砂湧きて/町田昌成

下り簗外れたる稚の群れ泳ぐ/大塚とめ子

山女稚聰くて夏の日を揺れり/柴田白葉女

稚の向くオホーツク海の冬怒濤/石川文子

稚の眼を育てて水は濡れどほし/三橋鷹女

水草のまだ生ひきれずはぐれ稚/石川文子

稚放流霧の錆びゆくひびきあり/橋本榮治

うつせみの稚を哀しと筆はじめ/村上/麗人

はつあきの水より稚の透きとほる/後藤兼志

緋目高の稚のぞき見る重なりて/中屋敷久米吉

雲ひとすじかいがらぼねに稚ひそみ/橋石和栲

タイトルとURLをコピーしました