とんとんを使用した俳句

とんとんに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

とんとんを含む俳句例

雨だれの音のとんとん祭月/高澤良一

とんとんと縁踏み畳替終る/森本順代

初電車とんとんと坂下りけり/岸田稚

とんとんと上る階段年忘れ/星野立子

とんとんと運ぶ話や白障子/大谷史子

紙角力とんとん年の詰るかな/高澤良一

緑陰の雀とんとん走り根越ゆ/高澤良一

袴着のとんとんのぼる五十段/高澤良一

とんとんと二階へ上る冬支度/辻田克巳

初電車坂とんとんと下りにけり/岸田稚

とんとんと叩けハ崩る門の雪/正岡子規

千年の古都とんとんと春の風/鹿又英一

梯子段とんとん降りる菊日和/藤岡筑邨

たべ飽きてとんとん歩く鴉の子/高野素十

とんとんと杭ゼわたれる寒鴉/小原菁々子

とんとんと薪割り紅葉ちる日向/高澤良一

緑談のとんとんすすみ夏料理/鈴木伊都子

建て急ぐとんとん葺きや暮の秋/石塚友二

葱だけを見てとんとんと葱刻む/岩田由美

薺打つすととんとんと母癒えよ/渡辺恭子

俳句例:21句目~

藁砧とんとんと鳴りこつこつと/高野素十

初鴉安土の田んぼをとんとんと/高澤良一

餅板の上に包丁の柄をとんとん/高野素十

すすき野を神主よぎるとかとんとん/穴井太

とんとんと二階を降りて合格子/豊田八重子

二歩とんとん三歩目跳んで風花や/工藤克巳

桃/満作咲きてとんとん拍子の春/高澤良一

味噌玉のとんとんとんと杏咲く/小岩井隴人

着ぶくれてすつとんとんと市場行/中尾杏子

早苗饗の娘の板橋をとんとんと/射場秀太郎

きゝきゝと鵙とんとんと渋を搗く/阿波野青畝

夜なべしにとんとんあがる二階かな/森川暁水

とんとんと年行くなないろとんがらし/草間時彦

とんとんと砂糖スティックアイスティー/高澤良一

葉が出たさくらとんとんとろりこ甘茶のうた/中塚一碧樓

タイトルとURLをコピーしました