火渡りを使用した俳句

火渡りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火渡りを含む俳句例

火渡りの女修験の赤素足/沢木欣一

火渡りの足のほてりに草若し/角和

修験者護摩火渡りの石の涼/石川桂郎

初大師火渡りを待つ人の群/佐藤花子

日雷二度鳴り火渡り続くなり/堀古蝶

火渡りの大煙くる蓬かな/藤田あけ烏

火渡りや行者溜りに大火鉢/矢野孝子

火渡りを済ませて蕨餅を食ふ/堀古蝶

火渡り会果て大粒の春の雨/平松公代

夕闇の静かな揺れや蛍の火/渡邊千枝子

火渡りし足うら大事に花薺/平井さち子

火渡りに似たる逡巡落花踏む/川村紫陽

火渡りの地に厚く敷く枯松葉/平松公代

火渡りの行者につづく赤蜻蛉/丸山/久

火渡りの足草萌にぬぐひたり/篠田法子

火渡りを待つ芽吹き山昼の月/福島壺春

火渡りを終へし五体の力抜く/館岡沙緻

火渡祭の浄火を煽つ嶺おろし/伊東宏晃

火渡祭高尾の春のはじまれり/島崎秀風

火渡りの素足凍土にこすりたり/日野圭子

俳句例:21句目~

ハイヒール提げて火渡る初薬師/永井武子

春泥に踏み出て護摩火渡りきる/吉田未灰

火渡や屋根を越えゆく鷺一羽/飯塚樹美子

火渡りの太鼓打ち込む芽木の山/中川幸子

火渡りの灰払はずに足袋を履く/松村幸代

火渡りや梵天加持の法螺ひびく/奈良英子

火渡りを待つはつきりと雪催ひ/竹中弘明

火渡りを終へし独鈷を肩に受く/畠山譲二

火渡祭の行とし山に太刀かざす/畠山譲二

火渡りの法螺貝ひびく木の芽晴れ/阿部寿雄

火渡りの火の粉あびつつ御慶かな/松本可南

青竹にまづ火を付けぬ火渡り会/川竹千代子

火渡りの阿闇梨出羽より熊野より/谷田部栄

火渡りの行場に霰降りこみぬ/佳藤木まさ女

お火渡りあしたに白砂凍みこごる/中戸川朝人

火渡りの童女押し出す夏祓/平賀扶人「風知草」

タイトルとURLをコピーしました