伽羅を使用した俳句

伽羅に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

伽羅を含む俳句例

奈良七重七堂伽羅八重桜/芭蕉

天竺川伽羅に竿させ妻迎/調和

花近し髭に伽羅たく初連歌/言水

宿ぞあやめ伽羅の大橋酒の池/露浩

伽羅の香の仏臭さよ御身拭/文/武

大内も伽羅は用ゐず削掛/正岡子規

伽羅さめし伏籠の衣や朧月/会津八一

青簾香木の名を伽羅といふ/伊藤敬子

伽羅の御所宴の跡や初紅葉/仁科歌子

この伽羅に思ひ出しけり古紙衣/介/我

ふぐと汁鼎に伽羅をたく夜哉/蕪村遺稿

伽羅くさき風が吹く也京の花/正岡子規

傲る世に伽羅は用ゐず削り掛/正岡子規

伽羅の蚊遣羅の団扇彼も一時/正岡子規

此雪に伽羅たきけらし笠の内/尾崎紅葉

短夜や伽羅の匂ひの胸ふくれ/高井几董

さとかをる伽羅の油や梳き始/高橋淡路女

伽羅くゞる庇の下や冬の庭/長谷川かな女

伽羅たく寺かたくりの芽の二三本/杉本寛

伽羅に触れ松にさはりぬ西行忌/岡井省二

俳句例:21句目~

名月や伽羅焚きすてゝ人もなし/石井露月

夕顔やことわり状に伽羅ほのか/中村明子

伽羅御所の跡に牛飼ふ蕗の花/安田三代子

伽羅の香焚きこめてより魂迎ふ/山本絢子

羅の伽羅の香りを置きて去ぬ/児玉をさむ

雪に伽羅ほのかにたいて松青し/尾崎紅葉

伽羅木の残り香にして冴ゆるなり/大石悦子

吐月峰に伽羅の香を聞く良夜かな/坂田静枝

伽羅の香のかすかはいとし朝曇/河野多希女

微禄して尚ほ焚く伽羅や黴の宿/吉津まるめ

片付きし居間に伽羅聞く六日かな/藤田耕雪

なれも恋猫に伽羅焼いてうかれけり/服部嵐雪

行年や庭木に伽羅を植ゑ込みて/長谷川かな女

伽羅の御所ありしあたりに羽子をつく/佐野美智

伽羅の木から音がはじまる人の音なり/阿部完市

伽羅御所をうかがうてをる案山子かな/加藤三七子

タイトルとURLをコピーしました