日の入るを使用した俳句

日の入るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

日の入るを含む俳句例

日の入のかたちをなさず年の果/玄

日の入りて空の匂ひや乞巧奠/才麿

花蜜柑日の入りぎはの潮迅し/中拓夫

蕭條として石に日の入枯野かな/蕪村

万山の中に日の入る紅葉かな/山口花笠

十月の日の入る後部座席占め/高澤良一

日の入るを忘れて伊勢の春の鳶/中拓夫

日の入りしあとに秋雲むらがれる/篠原

病棟に日の入るころの稲雀/百合山羽公

芦刈や日の入るころの風やんで/中拓夫

蕭条として石に日の入る枯野かな/蕪村

炎天の日の入り込まぬ蝉の穴/青葉三角草

冬木立山鳥の飛んで日の入りぬ/作者不知

去り難し除日の入日見し後も/相生垣瓜人

日の入るを待ちかねて咲く瓢かな/原鬼灯

数え日の日の入る部屋で耳掃除/高澤良一

日の入やはや屋根に出る猫の恋/正岡子規

日の入りしより夏潮の匂ひ濃き/中村清子

日の入りし空の寄せくる花辛夷/小池文子

日の入りて夜にひまある朧かな/松瀬青々

俳句例:21句目~

日の入りをみている陸の白兎/宇多喜代子

甲斐駒に日の入りてすぐ秋の暮/相馬遷子

雛の日の入日雑木にさし込める/高澤良一

雲に日の入れば氷河の憮然たり/高澤良一

鷹匠の日の出日の入り鷹と在り/宇佐美魚目

柿落ちてたうたう一つ日の入り際/高澤良一

芦原にさめざめと日の入りにけり/西村和子

奥出羽のよき日の入りや稲の秋/名和三幹竹

日の入に時計の合へる余寒かな/久保田万太郎

海苔粗朶と日の出日の入澪つくし/百合山羽公

やはらかな雲に日の入る虚子忌かな/河野一郎

日の入れば蘆の葉風のさびしとよ/成瀬桜桃子

日の入るを待つと唄へばしぐれけり/猿橋統流子

木そして饑饉のこと日の出日の入のこと/阿部完市

春の鳥な鳴きそ鳴きそあかあかと外の面の草に日の入る夕/北原白秋

タイトルとURLをコピーしました