板塀を使用した俳句

板塀に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

板塀を含む俳句例

板塀の求人票や雪女/徳丸峻二

板塀に蝿虎の岡っ引/高澤良一

板塀や道窮つて梅の花/正岡子規

金持の板塀高し秋の風/正岡子規

板塀の節孔に目や花曇/野村泊月

初午や舟板塀も掛行燈/小澤碧童

板塀や此横町も梅の花/正岡子規

板塀に春雨白し上根岸/正岡子規

昼寒し塗らぬ板塀獣医館/宮津昭彦

板塀にしたるゝ雨の柳哉/正岡子規

板塀に山茶花見ゆる梢哉/正岡子規

板塀の折り曲りけり初桜/正岡子規

板塀や梅の根岸の幾曲り/正岡子規

山茶花に板塀高き小庭かな/会津八一

板塀にそふて飛び行く蛍哉/正岡子規

板塀の応ふ音佳し水を打つ/日野草城

板塀の日向くさしや漱石忌/宮坂静生

板塀に触れたる音は枯芙蓉/岩田由美

板塀や厨につゞく蔦かづら/正岡子規

板塀のまだ濡れてゐる除夜詣/岡本眸

俳句例:21句目~

渋柿の板塀たたく野分かな/会津八一

船板塀に木犀匂ふ闇夜かな/羅蘇山人

えり挿しや舟板塀の古りし町/嶋田隆史

お会式の触れ書き杉の板塀に/高澤良一

八つ手咲き板塀が反る日向路/高澤良一

初霜や日は板塀のすき間から/岡田詩音

板塀によりもつかれぬ霰かな/正岡子規

板塀に継あててある赤のまま/遠藤梧逸

板塀の塗料の匂ひみぞさらへ/平山/馨

板塀に附いて首曲げ守宮かな/野村喜舟

板塀も萩も暮れたり海女の道/川崎展宏

板塀や山茶花見ゆる末ばかり/正岡子規

老婆の死寒板塀に日の射して/菖蒲あや

子規の忌の板塀裾は犬が噛み/波多野爽波

寒明くる日当る板塀日かげる溝/菖蒲あや

板塀に子らの抜け穴姫じよおん/荒井正隆

板塀に連らなる空やあけやすき/会津八一

新らしき板塀梅雨を経つつあり/波多野爽波

板塀に鼻のつかへる涼哉/一茶/文化二年乙丑

タイトルとURLをコピーしました