火を噴くを使用した俳句

火を噴くに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火を噴くを含む俳句例

爽かや火を噴く山の頂も/鷹女

火を噴きし銃は穢し油蝉/星野沙一

青竹の裸身火を噴きどんど立つ/原裕

鏡中に火を噴く島と寒牡丹/吉野義子

大香炉火を噴きにけり札納/山口青邨

雪代に暮れて火を噴く楮竃/加藤春彦

刀匠の鞴火を噴く清和かな/藤本安騎生

地獄絵の飯は火を噴き盆の寺/長谷川櫂

大達磨火を噴き上ぐる札納め/坂本俳星

日盛りの中軸打線火を噴きぬ/高澤良一

火を噴くは檜の墓標恋人よ/鈴木六林男

火を噴きし大蛇畳まる鐘供養/大森/宏

地鳴りして火を噴く山の野分かな/上村占

壁炉にて薪は尻より火を噴けり/山口誓子

春の山それぞれ昔火を噴きし/阿波野青畝

火を噴きしあと静かなり山の秋/橋本鶏二

火中なほ火を噴く秋刀沖荒るゝ/山崎秋穂

牧閉づる九重山系火を噴かず/野見山朱鳥

瓦斯焜炉懐えつ火を噴く高音夏/石塚友二

綿木や火を噴きやすき御所車/八木三日女

俳句例:21句目~

錦木や火を噴きやすき御所車/八木三日女

火を噴きし嶽とは見えず若葉光/富田潮児

阿蘇も火を噴くと新樹のきのふけふ/羽公

火を噴きてあと静かなり山の秋/橋本鶏二

火を噴きし流燈群れを離れけり/岡崎桂子

いただきの達磨火を噴くどんど焚/土方秋湖

凍て鉱石躍り火を噴き砕かるる/加藤知世子

西に火を噴く山ありて羽蟻の夜/浦/みつる

豆粗朶の節の火を噴く鳰のこゑ/中戸川朝人

鈴蘭に火を噴き育つ山愛らし/長谷川かな女

火の底に火を噴いて藷焼けゐたり/加藤知世子

田を植うる頭上の山の火を噴くに/猿橋統流子

ひとの死や火を噴く山へ頭をむけて/富澤赤黄男

人踏むをゆるしいつかは火を噴く山/伊吹由紀彦

冬がくる火を噴く山は火を噴かしめ/富澤赤黄男

火を噴く山へ蟇じりじりと対きなほるか/富澤赤黄男

タイトルとURLをコピーしました