午前を使用した俳句

午前に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

午前を含む俳句例

午前九時始まる避暑の日課かな

午前の元日暗き町家哉/角田竹冷

芒なほ午前の光り峠路は/野澤節子

誕生日午前十時の桐の花/平井照敏

手洗へば蚯蚓鳴きやむ手水鉢/子規

午前や爽籟放つ今日の雲/石塚友二

無伴奏午前十時の踊子草/松山足羽

坂下の医院の午前鳥総松/野澤節子

松虫草馬の行手の午前の陽/桂信子

秋の雨しづかに午前をはりけり/草城

花影を午前と午後の間にす/中里麦外

忽然と麦生に子ゐる午前かな/飴山實

獣屋を午前十時とす冬日輪/飯田蛇笏

京の雨午前に止みぬ金魚鉢/川崎展宏

余寒なほ午前零時の腕時計/小川廣男

李食む午前の汗を流しをり/野沢節子

桐の花午前の障子あかりかな/井上雪

柊の花や一と生の午前午後/手塚美佐

午前三時の猫の感情春の星/岡あきら

枯菊に午前の曇り午後の照り/桂信子

俳句例:21句目~

午前五時死後硬直と冬帽子/神山姫余

午前十時は白き雲や海と空/高柳重信

松蝉が鳴いてゐるなり午前五時/篠原

啓蟄や午前七時に伸びる髭/田島秀子

大試験氷上の日の午前午後/木村蕪城

午前の秋風山荘ぬけて草の絮/古沢太穂

名月や雨あがりたる午前二時/相馬遷子

薔薇五月午前の海と午後の海/原田青児

室咲きや午前十時は主婦の刻/石川文子

何となく午前が終り椎落葉/加倉井秋を

眼鏡くもる午前は濡れて枯笹道/中拓夫

静かなる午前を了へぬ桐一葉/加藤秋邨

すもも食む午前の汗を流しきり/野沢節子

二時といふ午前や午後や蝶斃れ/柿本多映

僧訪うて午前終へたり午後永し/大野林火

失望は午前に午後に虫の夜に/宇多喜代子

家すべて午前零時の露置けり/鈴木しづ子

麦茶ばかりの午前三時の仮眠室/姉崎蕗子

空に水満ちひぐらしの午前四時/和知喜八

美しく火葬のおわる午前かな/宇多喜代子

俳句例:41句目~

草にある午前のしめり秋の蝶/鷲谷七菜子

萱刈や午前も午後も日がひとつ/矢島渚男

落花浮く水なめらかに午前なり/野澤節子

葭切や午前むなしく午後むなし/相馬遷子

虫籠に午前と午後のありにけり/あざ蓉子

金木犀午前の無為のたのしさよ/石田波郷

雛人形の真顔に混じり午前過ぐ/森田智子

雛段に午前の日差しさし込みぬ/高澤良一

雪ぐるみ飛ぶ坂の子ら午前の樹/成田千空

雪やなぎ白濃き午前海が見たし/大野林火

さぼてんの楕円へゆるやかな午前/桂信子

冬寺の午前かならず日あたる場所/中山純子

秋の蛇鍛冶場すみずみまで午前/大峯あきら

元日なり午前零時のしゃがみ隊/荒井まり子

テニスする午前七時の若葉かな/鈴木しづ子

うすうすと午前すぎゆく眼帯して/小林一枝

大松明の火の粉も凍る午前二時/伊藤いと子

いまから眠る午前三時の照葉樹林/金子皆子

死にぎわの髪逆立つは薔薇の午前/久保純夫

随所に鋏の類い日曜の午前終り/林田紀音夫

俳句例:61句目~

午前より午後をかがやく春の泥/宇多喜代子

午前の汗午後の汗意識不明のまゝ/右城暮石

富士との空間午前来むこう夏樹の影/古沢太穂

サバイバル万歳を見ている午前二時/平田栄一

午前五時あざみにとげのなかりけり/伊藤柏翠

午前を憩へ甘きに至らぬ柿と柩車/磯貝碧蹄館

新海苔や午前の便にも午後の便にも/相島虚吼

陸奥うつぎ昆布干し午前午後干して/和知喜八

火蛾去れり岬ホテルの午前二時/久保田万太郎

牛乳つめたく午前はいつまでも午前/下村槐太

白南風や午前にちよっとキスをして/坪内稔典

晴れて硬質の午前の嘘に立ちどまる/林田紀音夫

友ら護岸の岩組む午前スターリン死す/佐藤鬼房

午前三時の投函だ蛾のふらふら飛び/伊丹三樹彦

胡蝶花投げ挿し午前のらんたい漆器の籠/北原白秋

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました