枕木を使用した俳句

枕木に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

枕木を含む俳句例

山国の枕木きしむ秋の声/伊藤翠

枕木は石を枕に陽炎へり/山口速

雪中に焚く枕木の赤焔/右城暮石

枕木を歩いて町へ終戦日/本宮哲郎

枕木は鳥の木琴大夏野/石井紀美子

崖までの枕木にして冬の草/中田剛

枕木の駅に到りて残る雪/下村槐太

白露や野営の枕木ぎれ也/正岡子規

蝮捕枕木わたり来りけり/小原啄葉

枕木伝ひ遠郭公に身が高し/宮津昭彦

枕木を数へ歩きの夏も果つ/桑原三郎

初漁を待つや枕木に油さし/西東三鬼

枕木に蝶の形見の影あそび/中里麦外

工夫暑し古き枕木傷見せて/大井雅人

枕木の井桁に組まれ冬の草/平子公一

枕木にこだわつている春の闇/山口剛

枕木に一寒燈が照らせる場/沢木欣一

枕木に噴く錆色や朝ぐもり/平子公一

枕木に歌なき蝶の幾からみ/安東次男

枕木を憶えばしずかなる荒野/斎藤康子

俳句例:21句目~

寒さ中枕木割れば木色生く/榎本冬一郎

春暁踏む木の音固き枕木を/榎本冬一郎

枕木の霜正刻に汽車きたる/百合山羽公

鳩が踏む霜の枕木汽笛揃う/田川飛旅子

枕木を叩くつるはし梅雨に入る/細見綾子

マラルメの靴音を恋ふ枕木よ/荻原久美子

湧く希望霜の枕木かぞへつ踏む/川口重美

年頭童心枕木十歩にはずみ得て/香西照雄

寒の雁枕木のごと続き消ゆ/阿部みどり女

貨車過ぎし枕木露の石にしづむ/桜井博道

枕木もレールも梅雨に沈み消ゆ/石塚友二

つるはしで叩く枕木梅雨はじまる/細見綾子

江ノ電はごとごとと来る梅雨枕木/高澤良一

枕木をわたつて来る蝮捕/小原啄葉「滾滾」

かげろう麦枕木づたいに友の家指す/古沢太穂

枕木を跳べ/げんげはかつて雲だった/星永文夫

枕木を五月真乙女一歩一歩/中村草田男「火の島」

枕木が木でありしころ川浴びの帰りはレールに耳押し当てき/大島史洋

タイトルとURLをコピーしました