飛行を使用した俳句

飛行に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

飛行を含む俳句例

焼栗も客も飛行く夜寒哉/丈草

ある夜の桜に懸る飛行服/攝津幸彦

飛行距離伸ばさぬ鳶と年忘れ/原裕

物干の草履飛行く野分かな/泉鏡花

知覧より低空飛行桜どき/橋本榮治

短日の中の短日なる飛行/山田弘子

冬の蠅発着ふとんの飛行場/高澤良一

夏菊に遠くとおくに飛行場/阿部完市

大歳の日が没る成層圏飛行/品川鈴子

帽とるや眉目涼しき飛行兵/皆川白陀

干柿に蜻蛉飛行く西日かな/正岡子規

梅雨茸や低空飛行実に低し/山口誓子

洋上飛行青き硝子の中の涼/野澤節子

藜杖飛行の姥となる日かな/大石悦子

蜻蛉がお手本人力飛行かな/高澤良一

霧うすれ弟子屈町営飛行場/高澤良一

伽藍より飛行の花を鍬が受く/下村槐太

夕凪に菩提樹の実の飛行せり/永田耕衣

沼辺より翔ちて蜻蛉の飛行艇/高澤良一

砂漠越ゆ女神たのみの春飛行/松村多美

俳句例:21句目~

飛行場馬の脚形おくれ咲く/小枝秀穂女

飛行法伝授させたき蝉のあり/高澤良一

飛行鞋蝙蝠は眼を失なへり/河野多希女

鳴きさして蝉の飛行く夕日哉/正岡子規

ががんぼの空中飛行見下ろせる/高澤良一

寒晴れの飛行物体ジュラルミン/高澤良一

母ひとり飛行している紅葉濃し/杉本雷造

流木の一つは深夜を飛行せる/河原枇杷男

谷ぢゆうを婚礼飛行鬼やんま/栗林二三子

甲虫眠らず妻と飛行の木立かな/白井重之

鬼やんま飛行高度を上げにけり/高澤良一

ストーブやペン執る飛行客名簿/楠目橙黄子

日本の笑顔海にびつしり低空飛行/西東三鬼

飛行冷えつつむ天衣の毛布かな/赤松ケイ子

飛行基地も四囲も真夏の篠つく雨/横山白虹

夕ぐれが来ている飛行士の背なか/鈴木六林男

菜の花の男装に草刈飛行器の尾が咲く/加藤郁乎

飛行士の足形つけてかがやける月へはろばろ尾花をささぐ/香川ヒサ

タイトルとURLをコピーしました