潮路を使用した俳句

潮路に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

潮路を含む俳句例

回廊を潮路を点し神迎え/宮城踏青

松籟や潮路に閃と初つばめ/中拓夫

春雨や潮路明るき移り/楠目橙黄子

琴唄の八重の潮路に初日さす/綾子

新茶汲む朝の潮路の歴々と/中拓夫

南蛮船渡来の潮路鳥帰る/下村ひろし

雲仙は初夏の潮路に峙てり/高濱年尾

飛や潮路まぎれず船に沿ひ/稲畑汀子

春暁の風花舞へる汐路かな/草間時彦

龍宮も今日の潮路や土用干/松尾芭蕉

潮路のはじまる鳥居神の旅/後藤夜半

絶海に潮路いくすぢ雲の峰/山内遊糸

船渡御や潮路遥かに御旅所/藤実艸宇

十二月潮路晶々たるを見て/友岡子郷

一筋の潮路まさしく遅日かな/岡部麗子

削氷や潮路に朱鳥こゑ嗄れて/宇佐美目

思ひきや潮路展けて崖の石蕗/石塚友二

放愁より淡く潮路も夕焼けたり/秋櫻子

生ぬるき風吹く闇の汐路かな/正岡子規

月出でて汐路ふくるる糸瓜加持/下田稔

俳句例:21句目~

颱風のあとの汐路の安かれと/高濱年尾

いちめんに夏めく潮路えっさ丸/高澤良一

しんしんと潮路ありけり夏薊/神尾久美子

サーフィンや特攻の友征く潮路/犬童利春

先帝祭潮路の雲を吹き晴らす/池田さだを

海苔?が立ちて潮路の銀座なる/品川鈴子

晩夏かな汐路に入りしロシア船/市村哲也

独居叶わぬ齢となった汐路みる/伊丹公子

玄海の潮路の雲に初明り/吉武月二郎句集

いるかとぶ秋を晴れたる潮路にて/臼田亞浪

国引きの潮路さだかや海猫渡る/北見さとる

潮路来て夏日に灼けし国を踏む/山口波津女

旅愁より淡く潮路も夕焼けたり/水原秋櫻子

枇杷の種青き潮路へ吐きにけり/榎本冬一郎

昼寝覚め青き潮路にわがゐたり/山口波津女

ひたよする汐路に立てり海蘿掻き/軽部烏帽子

漕ぎつれて遠き潮路に遊ぶかな/吉武月二郎句集

汐路来し喉の白さよ夏燕/大塚さよ子「さよ子句集」

タイトルとURLをコピーしました