なさけを使用した俳句

なさけに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

なさけを含む俳句例

襟に幣さし白息の情け言/友岡子郷

振舞て一荷の水の情けかな/佐藤紅緑

はなさけり古きを祝ふ雛の宿/松岡青蘿

小鳥鳴く山のなさけの柏の実/成田千空

人々のなさけを謝して寝正月/山口青邨

堂守の淡きなさけや山の秋/大峯あきら

薫風や人のなさけと人の和に/今泉貞鳳

船に乗れば陸情けあり暮の秋/高浜虚子

よく燃えて焚火の焔情けあり/高橋淡路女

雑炊も人のなさけもさびしかり/河野南畦

冷かに言へど老尼が情けかな/石島雉子郎

唐黍の馳走は熱つきなさけかな/会津八一

梟のあはれは薄目うすなさけ/稲垣きくの

風少し出て春水に情けあり/阿部みどり女

鰻裂く情け容赦もなかりけり/渡辺/笑子

蚯蚓なく臍の深きはなさけぶか/鈴木智子

人の世の情けに生きて豆を撒く/冨田みのる

病みて知る人の情けや冬ぬくし/多嘉良澄子

敷る花のなさけ知りたる栄螺かな/中川宋淵

日短くつくづくいやなふかなさけ/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

木餅に主婦のなさけをかけ通す/山口波津女

噴水の涸れしなさけと思ひ知る/稲垣きくの

水餅に主婦のなさけをかけ通す/山口波津女

雨のどんたく歌姫薄目うすなさけ/星野石雀

樹々冷かに薄明りして情けなし/長谷川零餘子

かはたれの水木の花のうすなさけ/松本光太郎

捨て猫になさけをかけてそぞろ寒/小野久美子

朝寒や人のなさけのおのづから/久保田万太郎

羽子の児に湯の川沿へるなさけあり/皆吉爽雨

大服茶やひとのなさけにながらへて/日野草城

うすなさけにて蓼の酢をつくるかな/能村登四郎

ふらここやいつか見えくるあだなさけ/石原八束

朝寒のなさけともなきすゝきかな/久保田万太郎

ちりれんげむかし手負ひのふかなさけ/石原八束

冬の夜の人のなさけにすがるとき/久保田万太郎

駅雑沓どこかで栗のはなさける/『定本石橋秀野句文集』

タイトルとURLをコピーしました