正午を使用した俳句

正午に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

正午を含む俳句例

戒厳令下菫異常なし/正午仁平勝

正午なお春仄暗き火と娼婦/徳弘純

柱時計正午を指すも稚けれ/金子晉

正午過ぎなほ鴬をきく男/三橋敏雄

橋守の鳴子引き居る正午哉/寺田寅彦

鶏頭花正午の号鼓鳴り響く/永井龍男

中尊寺正午の露の大き玉/大峯あきら

正午とは梅林表裏入替はる/後藤立夫

半夏生正午の時計打ち終る/松葉幼星

目鼻なき大炎天の正午なり/鳴戸奈菜

秋分の正午の日ざし真向にす/菅裸馬

パンジーヘ正午の指針花時計/浅見画渓

正午かと思へば菊の節句かな/清水径子

灼くる正午索道宙にいこひをり/登四郎

美少年春の正午をいそぎけり/柿本多映

蝶々の増ゆれば正午菜を間引く/森田峠

霊山の峡の常山木に正午の日/飯田蛇笏

噴水のざわめき増して正午かな/仙田洋子

天炎ゆるダリの時計が正午打ち/橋本榮治

枯るる夜の正午に同じ大時計/鳥居美智子

俳句例:21句目~

海の日の正午を告げる船の笛/伊藤いと子

正午さす春分の日の花時計/松岡ひでたか

菜の花のなか下りゆく正午かな/如月真菜

葉牡丹に正午の影のひとつづつ/岸本尚毅

蓴池すでに正午を過ぎてゐし/小宮山政子

蜘蛛の囲の向う団地の正午なり/永島靖子

野鼠も正午を過ぎればみな僧侶/安井浩司

正午が過ぎ路上の犬が泡立つよ/坪内稔典

たましひの水の正午は過ぎゆけり/太田紫苑

冬の浪飛びつ湯屋まだ開かぬ正午/宮津昭彦

春の正午のとうに止っていた時計/池田澄子

春の正午少女の咽をパンとおる/田川飛旅子

向日葵のうつむく正午おそろしき/高桑婦美子

正午より二時までと云ふ十夜寺/五十嵐波津子

雲にどよむ正午のサイレン朴咲けり/大野林火

戦争を知らぬ生徒と黙祷す八月十五日正午に立ちて/市村八州彦

生きて来てふっと笑いぬ今正午百合ヶ丘は坂ばかりある町/松実啓子

タイトルとURLをコピーしました