山の気を使用した俳句

山の気に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山の気を含む俳句例

寝言いかに花待山の気草臥/宗也

水引の紅の一点づつ山気/山田弘子

汚れなき緑の山気摩耶詣/桑田永子

椿の朱は観音の唇山気満つ/伊丹公子

暁の山気身に沁む夏書かな/佐藤紅緑

山気十分吸ひし鶯ききにけり/角光雄

山気吸ふ室生の深き木下闇/稲畑汀子

反閇にゆらぐ山気や花神楽/白井爽風

神南備のにはかに山気玉霰/斎藤梅子

うかと穴出でたる蟇の山気かな/小島健

ぞく~と山気背襲ふうるし掻/高田蝶衣

夏深く山気歯にしむ小径かな/室生犀星

新たなる山気吸ひ入れ謡初/阿部月山子

山気降り通草に色を紡ぎ足す/加藤耕子

山気やや渓ほとばしるやま桜/長谷川櫂

山気凝りさゆらぎもなき花の夜/稲岡長

山気凝りほたる袋のうなだれし/稲岡長

滴りのひとつ一つの山気かな/山口草堂

熊穴に入りたる山気顔洗ふ/加藤彦次郎

蛇笏忌の山気つらぬく鵙の声/小倉英男

俳句例:21句目~

走馬燈軒の深きに山気満ち/小林紀代子

むらさきの山気そのまま沢桔梗/渡辺恭子

泥湯温泉山気令法を引き締むる/高澤良一

一の鳥居くぐれば山気登高す/穂坂日出子

定家かづら山気少しく動きけり/永方裕子

白扇を用ひて山気そこなはず/上田五千石

達磨忌の山気せまりし結跏趺坐/市堀玉宗

立ちのぼる春の山気や一位谷/能村登四郎

山気澄みただよひそめし茸の香/松下信子

梨汁のねばりや山気ただならず/栗生純夫

あけがたの山気すなはち冬の霧/長沼三津夫

山の気や秋蚕もわれも健康に/阿部みどり女

夕風の山気かなかなおのづから/大久保橙青

てのひらに滲み入る山気一位の実/井沢正江

薄紅葉いま安達太良の山気かな/雨宮きぬよ

山気夢を醒せば蟆の座を這へる/大須賀乙字

山気当つひろげ通しに鵜の濡れ羽/加藤耕子

湯ざめしてにはかの山気かむりけり/上田五千石

タイトルとURLをコピーしました