水掻/蹼を使用した俳句

水掻/蹼に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水掻/蹼を含む俳句例

残葱なる蛙の蹼を拡ぐ/中田剛

秋暑し佛の指の蹼も/宮坂静生

蹼に乗つたる鳥や雪催/齋藤玄

すれ違ふ蹼の涼大正池/高澤良一

初鴨の蹼ひらく水の中/尾崎隆則

夜濯や蹼のこる指の股/高橋睦郎

蹼の踏み固めたる雪渚/大石悦子

桐一と葉家鴨蹼土まみれ/成田千空

水鳥の蹼昏く年つまる/佐々木六戈

蹼で喉を掻きをり残る鴨/川崎展宏

蹼のあるは還れり水の秋/高澤晶子

蹼のしづく一滴春の土/大木あまり

蹼のぺたと並びて日脚伸ぶ/小島健

蹼の乗つてうごけり春氷/菊地一雄

蹼の跡短日の水が寄せ/佐々木六戈

蹼を育てていたる昼寝覚/久保純夫

水鳥の水掻の裏見せとほる/山口青邨

蹼の吾が手に育つ風邪心地/奧坂まや

蹼のあたりに落ちて藪椿/大木あまり

蹼のたどりつきたる草の花/石田郷子

俳句例:21句目~

蹼の吾が手に育つ風邪心地/奥坂まや

蹼の煽りて行けり蜷のみち/藤田湘子

蹼を見てゐる鴨よ残りけり/三橋敏雄

ひらひらと赤き蹼ふる木の葉/成田千空

蹼に砂鉄ひつつく雪間かな/吉本伊智朗

蹼のたわたわ花屑踏みつけに/高澤良一

蹼の生えてめざめし月夜かな/眞鍋呉夫

水掻の朱がひた濡れて春の鴨/水原秋櫻子

蹼のごときスリッパ河童の忌/小檜山繁子

雪降つてゐる蹼のあるきぶり/吉本伊智朗

タイトルとURLをコピーしました