広島忌を使用した俳句

広島忌に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

広島忌を含む俳句例

牛洗ふ角をつらねし広島忌/原裕

広島の忌や浮袋砂まぶれ/西東三鬼

広島の忌や浮袋砂まみれ/西東三鬼

青春を焦土の中に広島忌/重本泰彦

噴水は水の花束広島忌/杉田久美子

広島忌騒がしきまで蝶の群れ/原裕

広島忌零は印度で生れたる/和久利甫

雲灼けて声なき山河広島忌/伊東宏晃

立葵朱に咲き上る広島忌/金箱戈止夫

広島忌人集まつて黒髪なり/池田行三

下闇に鳩の目あまた広島忌/橋本榮治

片脚のばつたが歩く広島忌/井上土筆

月の川見えざる川の広島忌/小檜山繁子

言ふまじき今日の暑さを広島忌/板津堯

赤ん坊のつむじより風広島忌/嶋田麻紀

スーパーに山積みの水広島忌/並木緑之

鎮魂の火の穂短かし広島忌/藤井艸眉子

障えぎるは広島の忌の貨車の胴/徳弘純

広島忌川をタイヤの流れゆく/田中義了

広島忌振るべき塩を探しをり/櫂未知子

俳句例:21句目~

広島忌止まることなき人の列/本郷和子

広島忌蔓あるものは宙に伸ぶ/青木重行

広島忌近し見遺りて鵜飼の火/宮坂静生

核のろうための残生広島忌/伊丹三樹彦

水透きて鯉の斑透きて広島忌/小原希世

河童碑を残す日射しや広島忌/石川桂郎

炎天の砂利に供華挿す広島忌/鈴木厚子

篠笛の川へひびけり広島忌/秋本三代子

個人タクシー出て頭垂れ広島忌/松山足羽

写真の子が乳房吸いだす広島忌/古田/海

若木また揺れてゐるなり広島忌/岡林英子

川岸にただ来てをりし広島忌/上野谷良美

竹とんぼ遠くへ飛んで広島忌/北村菜々子

広島忌声あげてゐる影絵たち/小泉八重子

刈り伏せの草も熱もつ広島忌/木下むつみ

いつせいに山羊吾を見る広島忌/柚木紀子

ていねいに三和土掃きます広島忌/古川塔子

まくなぎを払ひてゐたり広島忌/辺見じゅん

広島忌蝉は鳴きつつ焼かれたる/上田フサ子

タイトルとURLをコピーしました